朝ドラキャストべっぴんさん!坂東紀夫のプロフィールと演者永山絢斗

今回はヒロイン坂東すみれの幼なじみで、kodomofuku_girl.png子供服
婿入りの夫になる登場人物:坂東紀夫
(ばんどう のりお)旧姓・田中と、

その史実のモデル・坂野通夫(ばんの みちお)

および、演者:永山絢斗(ながやま けんと)
について調べました。

スポンサーリンク

◆登場人物・坂東紀夫(ばんどう のりお)のプロフィール

坂東(田中)紀夫は、坂東家と親しい貴族院議員・田中五郎
の息子で3男。3人兄弟の末っ子です。

父の五郎と一緒によく坂東家に出入りしていたのですみれの
幼なじみでもありました。

すみれが9歳の時、野上潔に麻田靴屋に連れて行ってもらった
ものの、神戸の街で迷子になって大騒ぎになるという事件が
ありました。

そのとき、父の五十八が、潔と麻田を怒鳴りつける様子に
たえられず、

すみれが、自分が悪いのだから2人を許して欲しいと
必死で訴えた様子に感動した紀夫は、その時からずっと

すみれに思いを寄せていたのでした。

無口でおとなしく几帳面な性格ですが、家族思いの
やさしい人のようです。

・1943年(昭和18年)両家の父親たちの勧めで、紀夫が坂東家に
婿養子に入る形ですみれと結婚し、坂東営業部に就職する。

・1944年(昭和19年)に出征。

◆史実のモデル坂野通夫(ばんの みちお)のプロフィール

❖坂東紀夫の史実のモデル・坂野通夫の写真

写真(出典:ファミリアの軌跡より)

02_michio-jpg%e6%9d%bf%e9%87%8e%e9%80%9a%e5%a4%ab

 

 

 

 

 

❖坂野通夫のプロフィール

・1916(大正5)年 尾張藩士坂野兼通の7男として誕生
・1940(昭和15)年 4月、京都帝国大学経済学部卒業。大阪商船(商船三井)に就職。

・1940(昭和15)年 5月佐々木惇子(ささき あつこ)と結婚。
 ドラマとは異なり、婿入りではなく惇子が嫁入りして坂野惇子になる。
・1942(昭和17)年 長女(坂野光子・てるこ)出生
・1943(昭和18)年 出征 
・1946(昭和21)年 すみれ丸でジャカルタから帰国。佐々木
 営業部(のちのレナウン)にて尾上清氏の下で力を発揮。
・1952(昭和27)年 ファミリアに入社し、ファミリア二代目社長になる。

社内では自ら先頭に立って精力的に会計・庶務・販売など、培って
きた知識を発揮し、企業を大きくするよりも、

子どもたちのために良いものをつくり提供することを大切にされ
ファミリアの発展に大きく貢献しました。

坂野通夫の言葉

社員は人格を。商品には品格を。店には風格を。

ファミリアは世の中になくてはならない企業、各自も会社になくて
はならない存在を目指せ。

※すばらしい社長です。こんな社長の元で働きたいですね。

ドラマではすみれの夫・坂東紀夫は田中家から婿入りしていますが
史実では、坂野惇子が嫁入りして、佐々木惇子から坂野惇子に
なっています。

Sponsored Link

◆演者:永山絢斗(ながやま けんと)について

❖永山絢斗の動画(出典:YOUTUBE)

❖永山絢斗のプロフィール

生年月日:1989年3月7日(27歳)
出生地: 日本・東京都板橋区
身長:177 cm  血液型:B型

職業:俳優  ジャンル:テレビドラマ、映画
事務所 :バパドゥ 活動期間:2007年-

著名な家族:実兄(瑛太)、義姉(歌手の木村カエラ)

永山絢斗が瑛太の弟とは知りませんでしたが、よく見ると
似ていますね。

❖永山絢斗の来歴と人物

2007年にテレビドラマ『おじいさん先生』で俳優デビュー。
2010年『ソフトボーイ』で映画初主演し、
第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

デビューしてたった3年で、新人俳優賞を受賞するなんてすごいですね。
さすが瑛太の弟です。

瑛太は6歳年下の永山絢斗をとても可愛がっているそうで、デビューも
瑛太の勧めだったのでしょうか。

兄の瑛太とは違い、永山絢斗は読書好きで無口な性格
でありながらアクディブで、よく一人旅をするようです。

今回の「べっぴんさん」のさくらの夫・坂東紀夫役は、自分に
そっくりだと語っていました。

❖朝ドラ大河の出演は

連続テレビ小説(NHK)おひさま(2011年) – 須藤茂樹 役
べっぴんさん(2016年) – 坂東(田中)紀夫 役

「おひさま」の須藤茂樹 役ってどういう役立ったのかすっかり
忘れていたので調べました。

♢須藤茂樹のプロフィール

須藤茂樹はヒロイン須藤陽子(井上真央)の次兄で

1921年生まれ。
陽子と同じく11歳の時に有明山尋常小学校に転校後は、
地元の農学校に進学。

飛行機が好きで、海軍・予科練に合格し入隊。
海軍上等飛行兵曹に昇進し、1943年(昭和18年)に出征。

1945年(昭和20年)終戦後、10月に復員し須藤家に帰る。

その後、タケオの家の農業の手伝いをしていて、陽子が臨月に入った
頃から陽子の友人・育子(満島ひかり)と仲が良い関係となる。

陽子が教職を退く頃、医師になり須藤医院を開設したいと、松本医学
専門学校を受験するが連続不合格となる。

しかし、育子からの手紙を励みに、尚も合格を目指して頑張り、
合格して医学生となる。卒業後須藤医院を開業し育子と結婚する。

そうでしたね。ようやく思いだしました。
やはりあまり目立たない存在だったように思います。

❖永山絢斗と満島ひかりが熱愛交際中

満島ひかり(30)が映画監督の石井裕也氏と2016年1月に離婚が
成立してから永山絢斗(27)と交際を始めたそうです。

2人は朝ドラ「おひさま」で共演いらい、役者同士、家族ぐるみで
仲良くしており、交際が始まったのは最近とのこと。

実際永山絢斗の兄・瑛太一家も満島ひかりの家を訪問するほどの
仲の良さだったようで、その中で愛が育ったのでしょう。

お似合いだと思いますので温かく見守りましょう。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ