おんな城主直虎あらすじネタバレ7話「検地がやってきた」2月19日(日)

次郎法師(柴咲コウ)は井伊家存続のため直親job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
(三浦春馬)とのつらい別れを選んだのです。

政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参
と家督相続を認めてもらおうとするのですが…。

スポンサーリンク

◆おんな城主 直虎(7)「検地がやってきた」2017年2月19日(日)放送分のあらすじ解説

①井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ
次郎法師(柴咲コウ)。

次郎法師の出家は、今川による井伊の本領安堵の条件に
なっていたので、還俗するのは困難と思われたのです。

また、直親の父・直満(宇梶剛士)が謀反の疑いで殺された10年前、
直親も命を狙われたために信州に亡命したのでした。

そのため、直親がまた狙われる危険性を考え、その時は次郎法師
が井伊家を守ろうと、直親との結婚をあきらめたのです。

それが現実のものとなろうとは。

②政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を
認めてもらおうとする。

あとになって直親と次郎法師を裏切ることになる政次ですが、
この時は井伊家のために尽力します。

直親が謀反人の息子であるために、井伊家相続の許可がおりない
可能性もあったのです。

直親の父・直満は北条と内通していて殺されたのですが、その後
今川は北条と同盟を結んだので、特別のおとがめもなく、直親の
井伊家の家督相続は許されます。

Sponsored Link

③これに対して今川義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、
井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。

直親の家督相続の件は許されたものの、今川は井伊家に検地を
行うように命じました。

検地とは、賦役や租税を課すために井伊家が持っている田畑の
広さや取れ高、村人の人数などを調査することです。

④井伊直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地
の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。

川名の隠し里は見つかってしまうものの、直親と直次のうまい説明
により難を免れます。

「この里はかつて南朝の皇子が隠れてお住まいになっていた里で、
かねてより井伊の中にありながら井伊家のものではないのです」
と言い逃れます。

次郎法師の機転もあり、なんとか無事に検地が終わるのです。

その後、井伊家をまとめるために直盛のすすめで、直親の妻・しの
の妹・なつ(山口紗弥加)が政次の弟の玄番(井上芳雄)に嫁ぐ
ことになります。

また今川でも、三河の旧領主である松平を取り込むため、元康
(竹千代・後の徳川家康・阿部サダヲ)と瀬名(佐名の娘・花總まり)
との縁談をすすめます。

◆おんな城主直虎第7回の主な出演者など

出演:柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,杉本哲太,財前直見,貫地谷しほり,苅谷俊介,でんでん,筧利夫,木村祐一,菜々緒,山口紗弥加,井上芳雄,小松和重,芹澤興人,蔵本康文,春風亭昇太,阿部サダヲほか 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回6話へ*****次回8話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ