瀬名姫(築山殿)家康の正室の生涯がかわいそう!キャスト菜々緒は?

徳川家康の正妻になる瀬名姫は築山殿とも言われjob_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
悪女とか気の強い女性として知られています。

しかし、かわいそうな、悲惨な最後を遂げたこと
しか覚えていないのです。

せっかくおんな城主直虎を見ているので、もう一度
瀬名姫について調べてみることにしました。

瀬名姫を演じる菜々緒についても。

スポンサーリンク

◆瀬名姫(築山殿)について

❖瀬名姫(築山殿)の画像とプロフィール

 

瀬名姫のプロフィール

生年月日: 1542年 父・関口親永 母・井伊佐名
生まれ: 駿河国 
死没: 1579年9月19日, 静岡県 浜松市
配偶者: 徳川家康 (1543年 – 1616年)
子: 松平信康 亀姫
孫娘: 登久姫 (ウィキペディアより抜粋)

❖瀬名姫(築山殿)の生涯

瀬名姫は、井伊直平の娘・佐名と今川家の分流・瀬名家の
関口親永(または瀬名義広)の娘です。

母の佐名は井伊直平の娘で、人質として今川義元の側室になり、
その後に関口親永と結婚しました。

瀬名姫は幼いときから今川義元の嫡男である氏真の妻になることを
夢みていましたが、願いはかないませんでした。

※幼いながらも当主の妻になるという野心があったようですね。

直虎とは、幼いとき今川義元の屋敷で会ってからの付き合いです。

●結婚と出産

1557年(弘治3年)今川義元の養女となり、松平元信(徳川家康)
と結婚します。

当時松平元信は、三河岡崎城主で今川家の人質として駿府にいたのです。
義元は元信を手な付けたかったので瀬名と結婚させたのです。

瀬名姫は、その後3年のうちに、松平信康と亀姫を産みます。

●両親の自害と幽閉

1560年(永禄3年)5月19日の桶狭間の戦いで今川義元が討たれると
家康は岡崎城に帰ってしまいます。

そのことで今川氏真の怒りをかった瀬名の両親は、なんと自害して
しまうのです。

瀬名母子の命も危ぶまれたのですが、今川義元の妹の夫らとの
人質交換により瀬名姫らは駿府の今川館から岡崎に移ります。

しかし、家康の生母・於大の方(おだいのかた)が瀬名姫を嫌い
岡崎城に入ることを許さず、岡崎城郊外の築山に幽閉したとのこと。

それで、瀬名姫は築山殿と呼ばれるようになったのでした。

気の強い女性と言われていても、姑にはかなわないのですね。

それにしてもなぜ家康は生母・於大の方の言いなりなのでしょう。
築山殿のことは、あまり好きではなかったようですね。

気が強くて、うるさかったのかも知れません。

●徳姫との対立と悲劇

1567年(永禄10年)瀬名姫の息子・信康と織田信長の長女・徳姫が
結婚します。

信康と徳姫は岡崎城に住んでいるのですから、徳姫の手前もあった
のでしょうか、瀬名姫は1570年(元亀元年)ようやく岡崎城に移り
住みます。

その同じ年、家康は岡崎を息子に譲って、遠江浜松に移ったのですが、
瀬名姫は世継ぎの信康とともに岡崎にとどまります。

これが間違いの元だったようです。この時、家康と一緒に浜松に
移っていたら、あの悲劇はなかったのかも知れません。

嫁と姑が同居したことにより、嫁と姑との確執が始まったものと
思われます。

徳姫が、登久姫と熊姫を産みましたが、男子を産まないことを
心配した瀬名姫が、息子に側室を迎えさせたことから始まり

徳姫は、あることないこと12ヶ条からなる訴状を信長に送るのです。

これにより信長が家康に信康の処刑を命じたとされ、家康の命令に
より、築山殿は小藪村で野中重政らによって殺害され、信康は二俣
城で切腹したとのことです。

訴状には、築山殿が徳姫に関する讒言を信康にしたこと、築山殿と
唐人医師・減敬との密通があったこと、武田家との内通があった
ことなどが書かれていたそうです。

しかし、徳姫の訴状が原因なら、なぜ夫の信康まで切腹させられた
のでしょう。変ですね。(信康の悪口も書いてあったようです。)

近年では、築山殿の殺害と信康の切腹は、家康・信康父子の対立が
原因とする説も出されているそうです。

その方が本当のような気がします。

それにしても、瀬名姫の一生はお気の毒なことでした。

夫に嫌われ、姑や息子の嫁にも嫌われるなんて、
どうしてそんなに嫌われることになったのでしょう。

息子にはうとまれていなかったのでしょうか。
母と息子は特別なのかも知れません。

Sponsored Link

◆瀬名姫(築山殿)を演じる菜々緒について

❖菜々緒の画像とプロフィール

 

●菜々緒のプロフィール

菜々緒は、日本の女性ファッションモデル、女優。
スリーサイズ・80-57-83・股下85センチメートル・9頭身。
O型。本名:荒井 菜々緒。
プラチナムプロダクション所属。

生年月日: 1988年10月28日 (28歳)
生まれ: 埼玉県 さいたま市 大宮区
身長/体重: 172 cm /46 kg
学歴: 共立女子大学

( ウィキペディアより抜粋)

❖菜々緒のエピソード

●デビューのきっかけ

菜々緒さんは、 蛯原友里に憧れてモデルを志し、浦和学院高等学校
1年生当時の2004年に「ミスセブンティーン」の選抜オーディション
に応募、残念ながら最終選考で落選しましたが、

高校2年に進級後、スカウトされました。

諦めなければ、願いはかなうかもしれないのですね。

共立女子大学進学後の2009年、芸名を“菜々緒”に変更し、
本格的に芸能活動を開始します。

最初はレースクイーンや格闘技団体「戦極」のラウンドガール、
バラエティー「バニラ気分!」(フジテレビ)のアシスタント
などを務めます。

PINKY(集英社、2009 – 2010年)
non-no(集英社、2010年4月 – 2011年?[要出典])
GINGER(幻冬舎、2011年5月 – )

などの雑誌のモデルとして活躍し、バラエティーでも、美人
なのに、意外にズバズバものを言うので注目されるように
なりました。

キレイなルックスなのに気取らないところがイイと評判です。

趣味は釣り。特技は書道や肩もみ。
と意外性が菜々緒さんの最大の魅力と言う人もいます。

●美脚美人になるには

菜々緒さんは9頭身の美脚美人です。
両親は普通の身長なのに、こんなに美脚になれたのは

子供の頃、毎日、牛乳を2リットル飲み、夜9時就寝、朝7時起床
という規則正しい生活を送り、高校時代は毎日片道30分の自転車
通学をしていたら、スタイルが良くなったんだそうです。

美脚になりたい人は試してみてはいかがでしょう。

●菜々緒の目の力

それにしても菜々緒さん美しい人ですね。
着物姿もすてきです。

瀬名姫も絶世の美女だったそうです。
あまりに美しくてねたまれたのでしょう。

しかし、菜々緒さんの顔は、美しさの中に、びっくり
するような目の鋭さがあり、ハッとします。

やはり気の強い瀬名姫になりそうですね。

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ