おんな城主直虎あらすじネタバレ11話「さらば愛しき人よ」3月19日(日)

井伊直親(三浦春馬)は桶狭間の戦いの後、job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
衰退の一途をたどる今川家と手を切り、松平
元康(阿部サダヲ)と手を組むことを決意します。

ついに元康との密会を実行する直親ですが。

スポンサーリンク

◆おんな城主直虎(11)直親今川のわなにはまる 2017年3月19日(日)放送分のあらすじ解説

①瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。

次郎法師は、今川館にを訪れて、亡き今川義元の母・寿桂尼
(浅丘ルリ子)にとりすがって瀬名の命乞いをしていたのです。

というのは、松平元康(後の徳川家康)が今川を裏切り織田信長
(市川海老蔵)と手を結んだために、元康の妻子を自害させよう
としていたからです。

元康は岡崎城に行っており、瀬名姫と子供たちは今川館に残され
ていました。

そこへ、今川の家人がきて、今川の上之郷城(かみのごうじょう)
が松平元康の手に落ち、城主の鵜殿長照(うどのながてる)が
自害して果てたことを知らせます。

長照は寿桂尼の孫であったこともあり、次郎法師の瀬名の命乞い
はかなわず、次の日、瀬名たちは、龍泉寺で自害することを
言い渡されてしまいます。

そこへ猛然と馬に乗った元康の重臣である石川和正(中村織央)
が駆け込んできて、「鵜殿長照殿の忘れ形見を預かっているので
瀬名様たちと人質交換をしてもらいたい」と言います。

危ないところでしたが、こうして瀬名たちは命が助かり、
一旦、瀬名の母・佐名(花總まり)の屋敷に落ち着きます。

②桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ
氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に
躍起になっていた。

井伊直親は、これにひっかかってしまったのです。

親戚である瀬名が、元康の妻であるため、井伊家は元康と手を
結ぶのではないかと疑っていたのですね。

そこで直親にわなをしかけることになります。

Sponsored Link

③ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親
は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。

元康からのお礼の品とは、次郎法師が瀬名姫と子供たちの命乞い
をしてくれたことへのお礼だと言うのです。

元康の家来である石川和正が、今川館で次郎法師に出会って
おり、瀬名姫と子供の命乞いをしてくれていたことは知って
いますから、それを元康に報告してのお礼と思いますよね。

④ついに元康との密会を果たす直親だったが…

そんな元康の心遣いに直親は感激したのではないでしょうか。

さらに、そのお礼の品には、直親宛ての手紙があり、それは元康
からの鷹狩りへの招待状だったのです。

直親は小野政次と相談の上、元康と密会するのですが、その元康
は偽物だったのです。

今川のわなにはまってしまった直親はどうなるのでしょう。

 

◆おんな城主直虎第11話の主な出演者など

出演:柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,貫地谷しほり,苅谷俊介,筧利夫,市原隼人,菜々緒,花總まり,和田正人,小松和重,平山祐介,芹澤興人,中村織央,星田英利,尾上松也,阿部サダヲ,浅丘ルリ子ほか 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回10話へ*****次回12話へ>>

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ