直虎の瀬戸方久の子孫や家系図が気になる!キャストは誰かもチェック!

おんな城主直虎第13回「城主はつらいよ」で再登場job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
した瀬戸方久(ムロツヨシ)は、第2回「崖っぷち
の姫」で登場したあばら家の男です。

直虎(柴咲コウ)がおとわと呼ばれていた子供の頃、
いいなずけの亀之丞(井伊直親)が今川の追手を
逃れて信州に出奔した後、鶴丸との婚約を強要され
おとわは家出をしました。

その時、山の中のあばら家で一晩泊めてくれたひげ
むじゃの男が瀬戸方久です。

その時、おとわを両親の元に連れ出してもらった
ほうびのお金を元に商売をして、豪商になったのです。

直虎が今川家から徳政令を出すことを強要されて困
っていたときに、井伊家を救ってくれたのが瀬戸方久です。

そのことの詳細はこちらをご覧ください。

>>おんな城主直虎あらすじネタバレ13話「城主はつらいよ」4月2日(日)
>>おんな城主直虎あらすじネタバレ14話「徳政令の行方」4月9日(日)

井伊家のために働いた瀬戸方久のその後と子孫のことが気になり調べてみました。

スポンサーリンク

◆瀬戸方久は新田義貞の一族

❖瀬戸方久のその後

永禄9年(1566年)今川氏真が井伊谷や瀬戸村、祝田村に徳政令を
発布したのですが、井伊直虎はそれに抵抗し、徳政令を実施しませ
んでした。

結局2年後の永禄11年(1568年)に徳政令は実行されるのですが、
瀬戸方久は、それまでの間に今川氏真に取り入り、刑部城・堀川城
の軍資調達を請け負う代わりに自分の田畑や屋敷を徳政令の対象外
とする安堵状をもらいます。

さすが方久、抜け目がないですね。

その後は堀川城主となって姓も祖先の新田氏に復姓しました。

❖瀬戸方久は新田義貞の一族新田四郎義一の子孫

堀川城主となって姓を祖先の新田氏に復姓した方久は、新田四郎
(右衛門)と名乗ります。

方久には色々な名前があり、浪人時代は新田友作と名乗っていたこと
もあるようです。

新田四郎義一についてはこちらもご参考に>>新田儀一
http://muromachi.movie.coocan.jp/namiai/tyuusyaku/yosikazu.html

永禄12年(1569年)徳川家康が遠江国に侵攻した際、方久は家康に
帰順する考えだったけれど、近くの堀江城の大沢基胤たちが反発した
ため、方久は城を抜け出し、山中に庵を結んで隠れ住んでいました。

堀川城は家康によって一日で落城したそうです。

その後は気賀宿近くの呉石で余生を過ごしていたのですが、
慶長年間、気賀村を代表して書いた訴状が不当であるとして

慶長11年(1606年)気賀の地頭・石川半三郎によって呉石で処刑
され81年の生涯を閉じました。

波乱万丈の当時としては長い人生を送った方久ですが、満足だった
のではないでしょうか。

方久は井伊家の菩提寺である龍潭寺に、井伊直虎、直親らと共
に眠っているそうです。

Sponsored Link

◆瀬戸方久の子孫は?

残念ながら、瀬戸方久には実子がなく、
神立村神明社の神主・蒲氏から養子をもらい新田乙若丸を名乗らせ
ていたのですが、

その乙若丸は竹田氏によって毒殺されてしまいます。

この竹田氏は堀江城の竹田氏なのか、理由など詳しいことは調べ
ても分かりませんでした。

その後、文禄元年(1593年)乙若丸の怨霊を恐れた里人らによって
呉石山に若宮の社が建立されたそうです。

ということは、方久が存命中に乙若丸は殺されたことになります。

養子とはいえ、自分の後を継いでくれると期待していた乙若丸が
殺されてしまっては、いくらお金があっても、方久は悲しかった
でしょうね。

というわけで、瀬戸方久の子孫の家系図は一人だけでした。
家系図にするまでもないですね。

瀬戸方久については、ウィキペディア瀬戸方久を参考にしました
が、確認されていないこともたくさんあるようです。

間違いがあるようでしたら、お知らせくださいませ。

 

◆キャスト・ムロツヨシについて

あまりに長くなってしまいましたので、ムロツヨシのwikiについて
はこちらをご覧ください。>>

>>★直虎を救うあばら家の男・瀬戸方久と演者ムロツヨシのWiki

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ