ひよっこの秋葉幸子は山形出身の寮長!キャスト小島藤子のwikiは?

新人4人は乙女寮の舎監・永井愛子(和久井映見)hiyokoひよこ
に連れられて乙女寮に着きました。

そこで寮生たちがコーラスで歓迎してくれたのです
が、そのコーラスの指揮をしていたのが寮長の
秋葉幸子(小島藤子)でした。

今回はそんな秋葉幸子とキャスト小島藤子について
調べてみました。

スポンサーリンク

◆寮長の秋葉幸子(あきば さちこ)について

秋葉幸子は乙女寮の寮長ですが、舎監の永井愛子とはちがって
寮長という仕事ではなく、寮生の中のリーダーで、寮生たちの
世話をする係りのようです。

秋葉幸子は山形県出身ですから、やはり集団就職で上京してきた
と思われます。

当時の集団就職は、東北の農家出身の子供達が多かったそうです。

日本の高度成長のために、都市での人手が足りなくて困っていた
ところ、地方では仕事が無くて困っていたため、両者の利害が
一致して、集団就職が始まったのだそうです。

都市の子供達は、大企業に就職してしまうので、集団就職で上京
する地方の子供達は、主に中小企業に採用されたために、労働条件
にかなり差があったといいます。

 

向島電機はその中では条件が良い方だと思います。
寮の料理もおいしいし、舎監の永井愛子も、寮長の秋葉幸子も、
やさしく、よく面倒を見てくれますから。

秋葉幸子は、舎監の愛子より「乙女寮」のことは詳しく知って
いて、皆に慕われる優等生です。

通信教育で高校卒業資格を取り、仕事は一番と評価されています。

秋葉幸子には婚約者がいて、乙女寮のコーラスの指導をしている
音楽家志望の高島雄大(井之脇 海)です。

コーラスが縁で恋仲になったそうで、なかなか面白いカップルの
ようですよ。

Sponsored Link

◆キャスト小島藤子(こじま ふじこ)について

❖小島藤子の画像動画

❖小島藤子のプロフィール

小島 藤子(こじま ふじこ)
生年月日:1993年12月16日(23歳)
出生地:東京都
身長:160cm 血液型:O型
職業:女優  ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台
活動期間:2007年 –
事務所:ABP inc.

主な作品
テレビドラマ:『明日の光をつかめ2』『小公女セイラ』
映画:『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』
(出典:ウィキペディア)

ひよっこは朝ドラ2回めの出演で、1回めは、カーネーション
第22週~ 最終週(2012年3月3日 – 31日)で
晩年の糸子と同居する、ちょっとグレていた孫・小原里香を
演じていました。

❖小島藤子の来歴とエピソード

2005年:小学6年生の時、レンタルビデオ店で、父親と一緒にアニメ
のビデオを選んでいる所をスカウトされ、現在の事務所・ABP inc.
に所属しました。

小学生でスカウトされるなんて、早いですね。スカウトする人は
もう才能が分かるのでしょうか。

2006年:雑誌『ニコ☆プチ』の創刊号で専属モデルになる。
2007年:『おはスタ』のおはガールとして、1年間のレギュラー出演。
2008年:『キミ犯人じゃないよね?』で女優デビュー。
    貫地谷しほりの妹役を演じる。

2009年:『おっぱいバレー』で映画初出演。
    ドラマ『小公女セイラ』で主人公セイラをいじめる真里亜役
    で注目されるようになる。
2010年:特技の書道を生かして『とめはねっ! 鈴里高校書道部』や
    『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』に出演。
2011年:ついに、『明日の光をつかめ2』でドラマ初主演を果たします。

小学6年生でスカウトされて以来、1年も休むことなく、様々な
分野に挑戦する小島藤子にびっくりしました。

これ以後、ものすごいスピードで

テレビドラマ、映画、舞台、Webドラマ、配信ドラマ、ラジオドラマ
バラエティ、その他のテレビ番組、ラジオ、CM、MV、CDジャケット
広告、写真集、雑誌と数え切れない程出演しています。

すさまじいエネルギーの持ち主ですね。

 

23歳の若さでこんなにたくさん出演して大丈夫なのかと心配に
なりますね。少しお休みした方が良いのではないですか。

朝ドラや大河ドラマに出演する俳優はみんなすごいですね。
このブログを書くようになって、つくづく実感します。
(ソース:ウィキペディア)

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ