朝ドラひよっこあらすじ解説第10週「谷田部みね子ワン、入ります」6月5日(月)〜6月10日(土)

ひよっこ第10週のあらましです。hiyokoひよこ

転職先である石けん工場の採用がひとりだけに
なり、みね子(有村架純)は澄子(松本穂香)
に仕事を譲ることにします。

落ち込んですずふり亭のある赤坂へ来るのですが、
人にぶつかり財布の中身をばらまいてしまいます。

助けてくれたのは、すてきな感じの大学生・島谷
(竹内涼真)でした。

すずふり亭の裏の広場で、すずふり亭のコック
である秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)
と話していると、商店街の人々がやって来ます。

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(55)2017年6月5日(月)

❖転職先であるせっけん工場の社長・原田(諏訪太朗)が突然
乙女寮を訪ねてきて、みね子(有村架純)と澄子(松本穂香)
のどちらか1人しか雇えなくなったと告げるが…。

✱乙女寮に最後まで残った、愛子(和久井映見)とみね子と澄子が
年末を過ごしていると、突然、転職先であるせっけん工場の社長・
原田(諏訪太朗)がやって来ます。

「会社の経営状況が悪くなって1人しか雇えなくなった」と告げます。

この会社も大変なんですね。わざわざ訪ねてきてくれた社長ですから
いい人なんだと思います。

「どちらに働いてもらうかは決められない」と言い残し、そそくさ
と原田社長は帰ってしまうのですが、きっとやさしい人なんだと思
われます。

働くことができなくなるどちらかがかわいそうで、社長自らは
決められないのです。2人で話し合って決めて欲しいのでしょう。

急な話であっけに取られるみね子ですが、潔く年下の澄子にゆずる
ことにします。

澄子は年下だけじゃなくて、母親は亡くなって、父親が再婚した
ので、自分の場所がないかわいそうな身の上ですから、みね子は
迷わずゆずってあげるでしょう。

澄子はみね子に感謝して、翌日新しい寮へ引っ越して行きます。

❖ひよっこ第55話の主な出演者など

出演者:有村架純,竹内涼真,松本穂香,諏訪太朗,和久井映見,
語り:増田明美 原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(56)2017年6月6日(火)

❖すずふり亭に行く途中、みね子(有村架純)は人にぶつかり
財布の中身をばらまいてしまう。すてきな感じの大学生・島谷
(竹内涼真)が集めるのを手伝ってくれるが…。

✱せっけん工場の就職がだめになり、澄子もいなくなった乙女寮
で、落ち込むみね子は、気分転換にすずふり亭に向かいます。

すずふり亭に行く途中、みね子は人にぶつかり財布の中身をばら
まいてしまいます。

集めるのを手伝ってくれたのは、すてきな感じの大学生・島谷
(竹内涼真)です。

でもこの大学生ちょっと変人のようです。みね子の小銭の拾い方
が悪いと説教するのです。頭が良いようですね。

この大学生は、こんどみね子が住むアパートの隣の部屋の住人で、
実家は佐賀県、大企業でお金持ちの御曹司だそうです。
 
おや、みね子の新しい恋のお相手でしょうか。

みね子がすずふり亭に着くとすずふり亭はお昼の休憩中です。

裏の広場ですずふり亭のコック秀俊(磯村勇斗)や元治
(やついいちろう)と話していると、となりの中華料理屋の五郎
(光石研)と安江(生田智子)夫婦や和菓子屋・柏木堂の親子・
一郎(三宅裕司)とヤスハル(古舘佑太郎)ら商店街の人たちが
やってきます。

今後、これらの人々との関わり合いが展開されていくのでしょう。

❖ひよっこ第56話の主な出演者など

出演者:有村架純,光石研,佐藤仁美,生田智子,竹内涼真,
やついいちろう,磯村勇斗,佐々木蔵之介,三宅裕司,宮本信子,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(57)2017年6月7日(水)

❖鈴子(宮本信子)に「すずふり亭で働かないか」と勧められた
みね子(有村架純)。しかし高子(佐藤仁美)が帰ってくると、
鈴子は急に慌てた様子でみね子を連れ出し…。

✱みね子が年末に起こった出来事を鈴子に打ち明けると、鈴子に
「すずふり亭で働かないか」と勧められます。

ちょうど接客係をひとり探そうと思っていたのだと言います。

うれしくてたまらないみね子が、さっそく調理場の省吾(佐々木
蔵之介)たちにあいさつしていると、ホール担当の高子が帰って
きます。

すると鈴子は急に慌ててみね子を店の裏に連れ出し、高子の最終面接
があるのを忘れていたと言います。

高子の選考基準は、自分より美人は雇わないといううわさでしたが
みね子の事情を知った高子は結局みね子を採用することにします。

高子さんもなかなか良い人ですね。
どうもこの物語は良い人が多すぎるような気がします。

❖ひよっこ第57話の主な出演者など

出演:有村架純,佐藤仁美,やついいちろう,磯村勇斗,今泉麻耶,
遠藤新菜,戸畑心,村上奈菜,安田早紀,佐々木蔵之介,宮本信子,
語り:増田明美 原作・脚本:岡田惠和

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 ひよっこ(58)2017年6月8日(木)

❖すずふり亭のホールで働けることになったみね子(有村架純)。
鈴子(宮本信子)が新しい住まいとして店の裏にあるアパート
「あかね荘」を紹介してくれることに。

✱みね子は無事にすずふり亭のホールで働けることになり、
鈴子が店の裏にあるアパート「あかね荘」を紹介してくれることに
なります。

なにからなにまで、本当に鈴子さんは親切ですね。
だからお店も繁盛しているのでしょう。

翌日、親代わりになってくれた愛子(和久井映見)と一緒に、再び
すずふり亭を訪ねると鈴子は2人をあかね荘へと案内してくれます。

大家の立花富(白石加代子)はかつては赤坂一の美人芸者だった
という超個性的な人物でした。

色々と個性的な人々が出てくるようで楽しみですね。

❖ひよっこ第58話の主な出演者など

出演:有村架純,佐藤仁美,やついいちろう,磯村勇斗,和久井映見
佐々木蔵之介,白石加代子,宮本信子,
語り:増田明美 原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(59)2017年6月9日(金)

❖みね子(有村架純)はあかね荘に部屋を借りる。乙女寮で一緒に
年を越した愛子(和久井映見)からお年玉袋を手渡されたみね子は、
その意外な中身を見てびっくりする。

✱みね子は鈴子(宮本信子)に保証人になってもらい、あかね荘に
部屋を借ります。みね子の部屋は2階の一番奥の狭い部屋ですが
東京で自分の部屋を借りることにわくわくします。

みね子はできるだけ愛子(和久井映見)と一緒にいたいと思い
乙女寮で年末を過ごし、引っ越しは年明けにすることにします。

夜は愛子の部屋に布団を並べて寝て、たくさん色々な話をします。
大晦日には紅白歌合戦を見て、遠くの除夜の鐘も聴きました。

そして昭和41年の元旦の朝、愛子はお年玉の袋に茨城行きの切符を
入れてくれます。

お盆にも実家に帰れなかったみね子を、お正月だからちょっとの間
でも実家に返してあげようということなのですね。

みね子が眠っている間に切符を買いに行ってくれたのです。
思いついたのが元旦の朝だったのでしょう。

みね子は感激して好意に甘えることにして実家へ向かいます。

❖ひよっこ第59話の主な出演者など

出演者:有村架純,木村佳乃,宮原和,高橋來,岡山天音,
和久井映見,白石加代子,古谷一行,宮本信子,
語り:増田明美  原作・脚本:岡田惠和

◆連続テレビ小説 ひよっこ(60)2017年6月10日(土)

❖愛子(和久井映見)からもらった切符で谷田部家に帰ってきた
みね子(有村架純)。美代子(木村佳乃)・茂(古谷一行)と父の
ことを話し、美代子の今の思いを知ることに。

✱お年玉として愛子からもらった切符でみね子は谷田部家に帰ります。
一晩だけしかいられないのですが久しぶりの我が家でくつろぎます。

すずふり亭などのレストランは正月そうそうに開店するでしょうから
一晩だけしかいられないのでしょう。

兄弟たちが寝静まった後、美代子・茂と父のことを話し、美代子の
今の思いを知ることになります。

美代子は実の話を聞いても悲しくなるだけで帰って来るわけではない
からと言います。

翌日、帰郷を聞きつけた奥茨城村の人々が谷田部家を訪れますが、
みね子は疲れていたせいか、来客に気付かず眠り続けます。

そしてその日(2日)の夜行列車で東京に帰るのです。

さあ、新しい生活の始まりです。

❖ひよっこ第60話の主な出演者など

出演者:有村架純,木村佳乃,峯田和伸,羽田美智子,柴田理恵,
泉澤祐希,津田寛治,宮原和,高橋來,古谷一行,
語り;増田明美 原作・脚本:岡田惠和

★あらすじと出演者などの出典はNHKオンラインやYahooテレビガイド
参考書籍はNHKドラマガイド等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ