おんな城主直虎あらすじネタバレ32話「復活の火」2017年8月13日(日)

直虎(柴咲コウ)は、今川家の信頼を得るjob_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
ことに成功した政次(高橋一生)と裏で手
を結びます。

二人は家康(阿部サダヲ)の遠江侵攻に協力
する代わりに井伊家復活を願い出るのですが

簡単にはいかないようです。

スポンサーリンク

◆おんな城主直虎(32)家康に手紙を送る

①武田信玄(松平健)と徳川家康(阿部サダヲ)による今川攻め
が避けられない状況になる中、政次(高橋一生)は今川氏真
(尾上松也)の信頼を得ることに成功。

もともと氏真(うじざね)は、小野政次は信頼していたようです
が、直虎に氏真の望みどおり、徳政令を受け入れさせ、

さらに
政次が井伊家の跡継ぎである虎松(寺田心)の首を取った
と、今川の家臣・関口(矢島健一)が証言したので氏真の信頼
を得ることに成功したのです。

虎松の首は身代わりだったのですが、疱瘡(ほうそう)にかか
ていたとのことで、厚化粧をほどこし、ひどくくずれていたの
で、関口はよく見もしないで認めたのでした。

 

直虎が徳政令を受け入れると、直虎の地頭職は廃止され、今川は
井伊谷を直轄地にして、政次が地頭職を執政していました。

Sponsored Link

②政次と裏で手を結ぶ直虎(柴咲コウ)は家康に書状を送り、
徳川の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家を復活し家臣の列に
加えて欲しいと願い出る。

徳川家康はその前に家来から、井伊が取り潰されて小野政次が
井伊を乗っ取り、跡継ぎの首も取られたと聞いていたのです。

そのため、家康は、井伊三人衆と言われてる今川の3人の目付
・鈴木重時(しげとき)・近藤康用(やすもち)・菅沼忠久
(ただひさ)を調略しました。

そして、この井伊三人衆と共に井伊に攻め入り、但馬の守小野
政次を討ち取ろうとしていたのです。

そこへ、直虎からの書状を龍潭寺の傑山(市原隼人)が持って
きます。

その書状には、すべては見せかけで、徳川が攻めて来たときは
今川の目付・関口をとらえて、徳川に城をあけわたすと書かれ
ていました。

それを読んで直虎が徳川に付くことを確信した家康は、傑山を
待たせて返事を書いたのです。

家康は井伊谷三人衆が徳川に寝返ったことは書かなかったよう
です。

政次が直虎と裏で手を結んだというのは、史実でははっきりして
いないようで、おそらく物語だと思われます。

③そんな中、ついに武田による駿河侵攻が始まる。その破竹の勢
いに今川国衆の寝返りが相次ぎ、氏真は絶体絶命の危機を迎える。

今川の重臣である関口まで、武田に寝返るので、井伊谷から関口
はいなくなってしまいます。

いよいよ徳川軍が井伊に入ってくるとき、政次は、自分は徳川
に城を明け渡すので、共に来るものはいないかと呼びかけると

関口の郎党も、小野の郎党も、分かっていたようで、次々に政次
に従ったのでした。

政次はずっと小野家に残って、政次をささえてくれた、亡き弟の
妻・なつ(山口紗弥加)に、城の明け渡しが済んだら一緒になろ
うと伝えます。

しかし、その約束は果たされないことになりそうです。

史実では、政次の正室のことは分かっておらず、政次が家康に
処刑された後、政次の2人の男子も殺されたとあります。

ドラマではずっと独り身のようですが、史実では早くに死に
別れたのかも知れませんね。

そして氏真は、遠江の掛川城(かけがわじょう)へと逃げ出
します。

◆おんな城主直虎第32話の主な出演者など

柴咲コウ,高橋一生,市原隼人,菜々緒,高嶋政宏,山口紗弥加,
矢島健一,矢本悠馬,田中美央,小松和重,橋本じゅん,菅原大吉
阪田マサノブ,山本龍二,みのすけ,西原亜希,寺田心,中村織央
ほか 原作・脚本 :森下佳子

<<おんな城主直虎前回31話へ*****次回33話へ>>

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>関連記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

 

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ