おんな城主直虎あらすじネタバレ33話「嫌われ政次の一生」2017年8月20日

徳川と内通していた直虎(柴咲コウ)と政次job_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
(高橋一生)は、約束通り徳川勢の井伊谷へ
の進軍を受け入れようとするのですが、その
軍勢に向かって突然矢が放たれます。

どうしたのでしょう。家康との約束はできて
いるはずですのに。

Sponsored Link

◆おんな城主直虎(33)政次が直虎の身代わりになる

①直虎(柴咲コウ)と政次(高橋一生)は、約束通り徳川勢を
井伊谷へ進軍させようと門を開けるのですが、突然、その軍勢
に向かって矢が放たれます。

門の外にいた直虎は驚いて、慌てて門を閉じさせました。

すると、「これはいかなることか。手向かいはせぬとのお約束
では」と近藤が直虎に詰め寄り、菅沼忠久(阪田マサノブ)も
門を開けるように言います。

しかしこれは・・・。

②徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅん)の
罠であった。

仕方なく直虎が門を開けると、政次(高橋一生)はいなくなって
いました。

近藤は、井伊は徳川につくと言って、家康殿の首を取ろうとして
いるのだろうと言い出し、徳川に弓を引いたのは、井伊だろう
と言います。

直虎がやっていないと言うと、それでは政次がやったの
だと、決めてかかりました。

Sponsored Link

③徳川勢に弓を引いた罪を政次に押し付け、井伊谷をわがものに
しようと企んだのだ。

現在の井伊谷城の城主は政次ですから、直虎より、政次に罪を
押し付けるほうが都合が良いのでしょう。

④政次の潔白を主張する直虎はろうに閉じ込められるが、そこに
現れたのは他でもない徳川家康(阿部サダヲ)であった。

家康は闇の中に明かりも持たずにやってきて、直虎の言い分を
聞くと、返事もなく、土下座をして帰っていきました。

家康は近藤の謀略を見抜いていたようです。

その頃家康は、武田から、今川氏真(尾上松也)が掛川城に
逃げ延びたので、掛川を攻めよとの書状を受け取っており、
直虎たちに関わっている暇がありませんでした。

そのため、翌朝、徳川軍は掛川に向けて出発してしまいます。

その間、政次は、直虎の身代わりになるために近藤の寝床を
襲い、わざとつかまり、直虎の代わりに牢に入れられました。

事情を知った雲龍丸(柳楽優弥)が政次を助けに行きますが、

政次は、近藤は自分や直虎に恨みがあり、自分や直虎が逃げて
も、井伊の民をどうするかわからない。自分の首一つで済ます
のが、最も犠牲が少ないと言い。

忌み嫌われて井伊の仇となるために、自分は生まれて来た。
それが本懐だと政次は言い、雲龍丸に助けられることを
断ったとドラマは作られました。

これは多分物語でしょう。こんな人が存在するとはとても思え
ません。

歴史上では、井伊家を一時的に乗っ取ったと言われている政次
を、真逆に描くとは、脚本家森下佳子は、スゴイ人ですね。

◆異例の追悼CD「鶴のうた」緊急発売

壮絶な最期を迎えた小野政次の魂を慰める“鎮魂歌”として緊急特盤
「鶴のうた」が8月23日にソニー・ミュージックからリリース。
菅野洋子自らの企画で、初回仕様として小野政次フォトブック
「政次 命」(全24ページ)が封入されるそうです。↓↓

◆おんな城主直虎第33話の主な出演者など

出演者:柴咲コウ,高橋一生,柳楽優弥,財前直見,市原隼人,
高嶋政宏,山口紗弥加,矢本悠馬,光浦靖子,梅沢昌代,小松
和重,菅原大吉,橋本じゅん,マキタスポーツ,阪田マサノブ,
みのすけ,真壁刀義ほか  原作・脚本:森下佳子

<<おんな城主直虎前回32話へ*****次回34話へ>>

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>関連記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

ひよっこ>>
「ひよっこ関連記事」の記事一覧
「ひよっこあらすじ解説」の記事一覧
朝ドラひよっこ故郷編!登場人物とキャスト&あらすじ概略
朝ドラひよっこ東京編!登場人物とキャスト

 

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ