朝ドラわろてんかあらすじ解説第2週「父の笑い」10月9日(月)〜10月14日(土)

第2週のあらまし寄席

てん(葵わかな)は17歳になり、家族に
内緒で藤吉(松坂桃李)から届く手紙を楽しみにしていました。

そんなある日、てんに縁談話が持ち上がり、てんは気持ちの整理をつけるため藤吉に会おうと大阪へ行くのですが、悪い男たちにカバンを奪われます。

その時、偶然にも縁談の相手・伊能(高橋
一生)に助けられ、無事京都に戻ったてん
でしたが、藤岡屋の倉庫が火事で全焼。

店は倒産の噂が流れ債権者が押しかけて大
騒ぎになります。

その対応に追われ頑張っていた兄の新一
(千葉雄大)が病に倒れてしまいます。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 わろてんか(7)2017年10月9日(月)

❖17歳の女学生てん(葵わかな)は、家族にないしょで藤吉
(松坂桃李)から届く手紙を楽しみにしていた。ある日、
てんに製薬会社の次男との縁談話が持ち上がる。

✱てんが17歳になったのは明治13(1910)年の夏のことでした。
てんは藤吉から年に数回届く手紙をひそかな楽しみにしていた
のです。

藤吉と別れてからもう8年も経つのに、藤吉は約束を守って
いまだに手紙を送り続けていたのです。年に数回ですから続
けられたのかもしれませんね。

藤吉の手紙は手代になった風太(濱田岳)がこっそりてんに
渡してくれていました。父の儀兵衛(遠藤憲一)が許すはず
がないからです。

ある日その手紙を学校の昼休みに校庭で読んで大笑いをして
いたので、学校の先生に見つかってしまいます。

母のしず(鈴木保奈美)が呼び出され、親子ともども厳重
注意を受けるのですが、このことは父には絶対言わない約束
をします。

そんな時、儀兵衛は大阪の伊能製薬と提携するため、新一
(千葉雄大)と、伊能家のお嬢さんとの縁談話を進めようと
していたのですが、新一ではなく伊能家の次男とてんの縁談
をもちかけられるのです。

伊能家のお嬢さんには許嫁がいたのでしょうか?

❖わろてんか第7話の主な出演者など

出演者:葵わかな,遠藤憲一,松坂桃李,濱田岳,千葉雄大,
広瀬アリス,徳永えり,堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,
竹下景子  原作・脚本:吉田智子

◆連続テレビ小説 わろてんか(8)2017年10月10日(火)

❖見合いに気乗りがしないてん(葵わかな)は、藤吉(松坂
桃李)の手紙のことで風太(濱田岳)とケンカになる。
ある夜、藤岡屋の薬品倉庫が全焼するという事件が起きた。

✱てんの見合いの相手は、大阪の「伊能製薬」社長の次男。
帝大卒で薬の貿易会社の経営を任されているそうです。
写真をみても、イケメンで申し分のない相手でした。

見合い写真を見た藤岡家の女たちは伊能家の次男(高橋一生)
をすっかり気に入ってしまいます。

風太もてんが大事にしている藤吉の手紙を捨てて、藤吉のこ
とを忘れさせようとするのですが、かえっててんの藤吉への
あこがれは強くなってしまうのでした。

そんなとき、神戸港で起きた大火災で、藤岡屋の倉庫が全焼
してしまったのです。

その倉庫には、和漢薬の在庫を売り払って仕入れた洋薬が保
管されたいてすべてが灰になってしまったのでした。

❖わろてんか第8話の主な出演者など

葵わかな,濱田岳,松坂桃李,千葉雄大,広瀬アリス,徳永え,
大野拓朗,堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,竹下景子,
遠藤憲一 原作・脚本:吉田智子 語り:小野文恵

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 わろてんか(9)2017年10月11日(水)

❖倉庫の火事で藤岡屋は経営危機に陥る。
儀兵衛(遠藤憲一)は伊能(高橋一生)とてん(葵わかな)
との縁談を進めるが、てんは藤吉(松坂桃李)に会いに一人
大阪へ向かった。

✱倉庫が全焼して、外国から仕入れた薬が焼失し、藤岡屋は
経営の危機に陥ってしまいます。

倒産を避けたい儀兵衛は、てんと伊能製薬の次男・伊能栞
(高橋一生)との縁談を一気に進めようとします。

しかし、てんはきちんと自分の心を決めるために、家族に
うそをついて大阪を訪れ藤吉を探しますが、見つかりません。

途方に暮れていると、藤吉を知っていると言う男たちにだま
されて、荷物を奪われた時に、見合い写真の伊能栞(高橋一
生)に助けられます。

❖わろてんか第9話の主な出演者など

出演者:葵わかな,遠藤憲一,濱田岳,千葉雄大,徳永えり,
堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,竹下景子
原作・脚本:吉田智子  語り:小野文恵

◆連続テレビ小説 わろてんか(10)2017年10月12日(木)

❖てん(葵わかな)の窮地を救ったのは、偶然にも見合い相手の伊能(高橋一生)だった。藤岡屋の経営危機が噂になり騒動になる中、新一(千葉雄大)が持病のぜんそくで倒れる。

✱てんを救ってくれたのは、偶然にも見合い相手の伊能でした。

藤吉(松坂桃李)への思いを断ち切るため大阪に来たと正直に
話すてんに、伊能は驚き、大いに興味を持つのです。

儀兵衛(遠藤憲一)は大阪から戻ったてんを蔵に閉じ込め、
藤吉からもらった手紙を全て燃やしてしまいます。

まあ当時なら当然のことでしょうね。

藤岡屋の経営危機を知った取引先が次々と店に押し掛け騒ぎ
になります。

儀兵衛は金の工面に行かねばならないので、新一(千葉雄大)
が自分が対応すると申し出ます。

新一は喘息の療養のために帝大を休学し、自宅にもどって
時々知人の研究所に通って論文を書いている身でしたが、
取引先との対応で無理をして倒れてしまいます。

❖わろてんか第10話の主な出演者など

出演者:葵わかな,遠藤憲一,松坂桃李,濱田岳,
千葉雄大,徳永えり,堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,竹下景子,     原作・脚本:吉田智子  語り:小野文恵

Sponsored Link

◆連続テレビ小説 わろてんか(11)2017年10月13日(金)

❖てん(葵わかな)と伊能(高橋一生)の縁談が破談になり、新一(千葉雄大)の病状も思わしくなく、藤岡屋は窮地に陥る。
そんなある日、儀兵衛(遠藤憲一)がいなくなり大騒ぎになる。

✱藤岡屋が倒産寸前と知り、てん(葵わかな)の縁談が破談
になります。

伊能製薬からの支援をあてにしていた儀兵衛は意気消沈します。

しず(鈴木保奈美)とてんは、新一の病気が良くなるよう御
百度参りを始めました。その甲斐あってか病状が少し回復し
た新一は、「つらいときこそ笑うんだ」と優しくてんを励ま
すのでした。

何とか藤岡屋を立て直そうと必死に頑張る儀兵衛でしたが、
ついに万策尽きて、姿をくらませてしまいます。

❖わろてんか第11話の主な出演者など

出演者:葵わかな,遠藤憲一,濱田岳,千葉雄大,徳永えり,堀田真由,鈴木保奈美,竹下景子
原作・脚本:吉田智子  語り:小野文恵

◆連続テレビ小説 わろてんか(12)2017年10月14日(土)

❖てん(葵わかな)は婿を取って店を継ぐ決心をし、伊能
(高橋一生)に縁談を考え直して欲しいと手紙を送る。
伊能は藤岡屋に投資を申し出るが、てんとの縁談は改めて
断った。

✱新一(千葉雄大)は病症にありながら、金の工面ができず
にいる父を心配して、てんに自分に代わって父を笑わせてほ
しいと頼むのでした。

てんが父を探しにいくと、傷心の儀兵衛が蔵で踏み台に乗り、
ひもを梁(はり)に掛けていました。

それを見た皆が、「首をつる」のだと思って引き止めると、
儀兵衛が「蔵の整理をするのに重い物を釣り上げて動かそう
としただけだ」と言ったので、てんが大笑いをします。

それにつられて皆も大笑いし、儀兵衛も泣き笑いしながら
「笑いは人をしあわせにする薬なんやな」と言うのでした。

それからほどなく新一は亡くなってしまいます。
本当に良いお兄さんだったのに残念です。

新一は亡くなりましたが、その悲しみを乗り越えて、藤岡家
の家族に笑顔が戻ったのです。

兄の葬儀と四十九日の法要が済むと、てんは婿を取って店を
継ぐ決心をし、伊能にもう一度縁談を考え直して欲しいと手
紙を送ります。

伊能はてんの手紙に同封されていた新一の論文に興味を持ち、
経営危機の藤岡屋に投資を申し出ます。

だが伊能は、てんが藤吉(松坂桃李)のことを心に秘めてい
ると知って、改めててんとの縁談を断り去って行くのです。

その翌日、また薬祭が始まり、てんは藤吉にもらった鈴の
おかげでついに藤吉に会うことができるのです。

❖わろてんか第12話の主な出演者など

出演者:葵わかな,松坂桃李,濱田岳,千葉雄大,徳永えり,堀田真由,高橋一生,鈴木保奈美,竹下景子,遠藤憲一原作・脚本:吉田智子  語り:小野文恵

<<わろてんか前回第1週へ*****わろてんか次回第3週へ>>

「わろてんかあらすじ解説」
「わろてんか関連記事」
朝ドラわろてんか!ドラマ概要・登場人物(モデル)キャスト一覧

おんな城主直虎>>
「直虎関連記事」の記事一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説一覧
NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

★あらすじと出演者などの出典はNHKオンラインやYahooテレビガイド
参考書籍はNHKドラマガイド等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ