NHK大河ドラマ真田丸あらすじ解説第24話「滅亡」6月19日(日)放送

信繁(堺雅人)が北条氏政(高嶋政伸)に降伏を説くsanada_yukimura.png真田幸村
のですがはっきりした返事はもらえません。

ついに氏政が降伏すると、戦国の強敵同士だった徳川家康
(内野聖陽)上杉景勝(遠藤憲一)、真田昌幸(草刈正雄)
の三人が氏政が生きるよう説得するために氏政の元を訪ね
のですが・・・。

スポンサーリンク

◆NHK大河ドラマ真田丸24話「滅亡」北条氏政説得に応ぜず

①信繁(堺雅人)は沼田裁定で競り合った本多正信(近藤正臣)、
板部岡江雪斎(山西惇)から頼まれ、北条氏政(高嶋政伸)の
説得に向かう。

信繁に北条氏政の説得を頼んだのは、北条家家臣の外交僧で
ある板部岡江雪斎とのこと。

信繁を見込んだのは秀吉の「沼田裁定」のときの活躍に感心
して、「追い詰められた時は、しがらみのない者の言葉にこそ
人は心を動かす。ご隠居を説き伏せられるのは信繁をおいて
ほかにはいない」と言うのです。

買いかぶりだと言いながらこの大役を引き受けて信繁は
佐助とともに小田原城に入ります。

北条の家臣の手引で城中に潜入するも、降伏に反対する侍数人
におそわれ廊下を逃げるときに、信繁は松の夫・小山田茂誠
(しげまさ)(高木渉)に腕をつかまれます。

小山田茂誠は松が行方不明になったあと、小山田一族の縁で
北条に拾われたとのこと。

茂誠に蔵の中で待つように言い残し、信繁は北条氏政の元へ
進みます。

このとき信繁が小山田茂誠に会うことにより、後に利休が
切腹を余儀なくされることになります。

②降伏するように説くが、氏政は容易には受け入れない。

氏政は、小田原城にいれば決して負けることはないと思っていた
ようです。

 

東北の伊達正宗(長谷川朝晴)、出羽山形の最上(もがみ)、陸奥小高
(むつおだか)の相馬(そうま)が相次いで降伏したことを
信繁は氏政に告げます。

さらに、関東にある北条方の城はほとんどが落城し、沼田は真田
が奪い返したと言うと、氏政はがくぜんとします。

そんな氏政に信繁は、徳川も上杉も真田もみな折り合いをつけて
生き残ったのですから、引き際を考えて、死ななくても良い多く
の者の命を救って下さいと手をついて頼みます。

北条の家臣たちの命を救って欲しいと懇願する信繁の心情に心
打たれたのでしょうか。

信繁は氏政からはっきりした返事はもらえませんでしたが、

1590年(天正18年)7月5日に氏政の息子で北条家の当主である
北条氏直が髪を剃り小田原城を出て秀吉に降伏すると、引き続
き7月10日、氏政もまげを落とし、秀吉の軍門に下ります。

秀吉は氏政を殺せと言い、それでは約束が違うと言う家康。

家康はなんとか氏政の命を救おうとするのですが、氏政は
「生き恥をさらいとうない」と切腹する覚悟を決めます。

Sponsored Link

③やがて徳川家康(内野聖陽)、上杉景勝(遠藤憲一)、そして
昌幸(草刈正雄)が氏政の元をひそかに訪れる。

どうしても氏政を助けたい家康は、八王子城攻めの陣から上杉景勝を、
忍城攻めの陣から昌幸を呼び寄せて氏政を説得しようとします。

北条がもう秀吉に降伏したのですから、八王子城攻めも忍城攻めも
もう時間の問題で、大将がいなくても大丈夫の状態ですからね。

まして忍城攻めは石田三成が仕切っていて、拉致があかないため、
秀吉が真田昌幸に三成に加勢するように命じたにもかかわらず、
三成が加勢などいらぬと言っているのですから昌幸はひまです。

充分に家康の要請に応じられる状態です。

④東国でしのぎを削った強敵同士として、秀吉に許しを請い生き
延びることを勧める。実力を認め合う者たちの言葉に氏政の下す決断はー

3人がそれぞれに、説得するのですが、誇り高き北条氏政は、やはり
説得には応じません。

しかし徳川家康は、秀吉の命に背いてまでも、どうして氏政の命を
救おうとするのでしょう。

不思議に思う信繁が家康の家臣である本多正信(近藤正臣)に尋
ねると、
「北条とは長年競い合ってきたので、同類の仲間のような気持ち
になられたようです。」との答え。
北条とは和睦をした仲でもありますしね。

家康にこのような情の深さがあったとは意外です。冷血な人だとばかり
思っていました。

同輩の説得も虚しく、北条氏政は翌日の7月11日切腹して果てます。
首は京の聚楽第の橋にさらされたといいます。

息子の北条氏直は出家し、高野山に送られます。
これにて北条家は滅亡します。

しかし石田三成が指揮する忍城は未だに落とすことができず、
最後まで北条に忠義を尽くし、全員討ち死にする覚悟だという
ことを小田原城から戻った昌幸が知ります。

 

昌幸は三成に自分に任せてくれと頼むと、氏政が家来を見捨て、
秀吉に命乞いをして生き延びているという噂を流します。

忍城には氏政が自害したという知らせは入りようがありません
から簡単に騙されるのですね。

それにより7月14日、忍城は犠牲者を出すこと無しに開城します。

 

少々きたない手ではありますが、三成が感服するので昌幸もまん
さらでもない気分になり、ついに秀吉は天下を統一します。

忍城の人々は、最初は昌幸に騙されて怒ると思いますが、皆の
命を救おうとした昌幸の深い心情を理解し、感謝することでしょう。

忍城の物語は「のぼうの城」という映画にもなり、感動を呼びました。

◆大河ドラマ真田丸24話の主な出演者

堺雅人,大泉洋,山本耕史,藤井隆,片岡愛之助,高嶋政伸,遠藤憲一,寺島進,桂文枝,竹内結子,小日向文世,鈴木京香,近藤正臣,内野聖陽,草刈正雄,

★段落①~④のあらすじはYahooテレビ番組 http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書はNHK真田丸(後編)&他です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回23話「攻略」******次回25話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ