朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説76話6月30日(木)組合長の三宅

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」13週food_sichirin.png七輪

常子(高畑充希)は組合長の三宅(有薗芳記)に
目の敵にされ 金属供出を口実に家の中を物色
されます。

家訓を見つけた三宅が不謹慎だと畳に投げつけると
怒る常子をさえぎり鞠子(相楽樹)が・・・

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん13週「常子、防空演習にいそしむ」
 76話 2016年6月30日(木)放送分のあらすじ解説

①組合長の三宅(有薗芳記)に目をつけられた常子(高畑充希)
は金属供出を理由に、家の中を物色される。

戦時中はよくこの組合長やら、婦人会長やらとのトラブルがドラマ
で話題になりますね。

目をつけられると、何のかのと難くせをつけられます。
今回は金属提出を理由に家の中を物色だなんていやですねえ。

供出物が少ないので、何か隠していて出さないのかも知れないと
疑われたのでしょう。

朝ドラ「カーネーション」のときも、ミシンを供出するように
言われたとき、仕事に使うものだからと、糸子( 尾野真千子)が
はっきり断っていたことを思いだします。

強くなければ生き抜けない時代だったのでしょうか。

②壁に掛けられた家訓を見つけ、不謹慎だと畳に投げる。

家訓にまで難癖をつけるなんて、ひどいですね。
「月一回は家族でお出かけをする」というのが贅沢だから
不謹慎だということなのでしょう。

組合長の立場も分からなくはないですが、何も畳に投げつける
ことはないでしょう。

亡くなったとと(お父さん)の遺言とでもいうべき大切な
物なのです。

③怒りを隠せない常子の言葉を遮り、鞠子(相楽樹)が
理路整然と反論する。

常子は怒り心頭にきていますから、感情にまかせて何を言い出す
かわからないと心配した鞠子が、冷静に説明するのです。

この家訓は戦前からあって、亡くなった父が決めたことであること。
お出かけといっても、今は散歩程度のお出かけで決して贅沢は
していないこと、などを説明するのではないでしょうか。

鞠子の理路整然とした説明に、さすがの組合長も納得してくれる
と思います。
亡き父親の思い出の品なのですから、反省すらしてくれると
いいのですが。

Sponsored Link

④君子(木村多江)の提案で、誕生日のお祝いに夜通しで
小豆を煮込み、おはぎを作り始める。

昭和20年3月頃です。常子と鞠子の誕生日ですね。

この頃になると食糧事情はさらに悪化して、砂糖もほとんど
手にはいらなかったと聞いていますが、おはぎは塩入のおはぎ
でしょうか。

あずきがよく入手できましたね。

⑤しかし、深夜突然の空襲警報が鳴る。慌てて避難する常子
たちはしちりんに僅かな火を残したままにしてしまい…

あずきは弱火でコトコト煮こまなければならないので、夜通し
七輪の中に炭を入れて火をおこし、お鍋をのせておくのです。

今では七輪もあまりみかけなくなりましたが懐かしいですね。

七輪今でも売られています

空襲警報で慌てて防空壕に避難したとき、七輪の火をそのままに
していたことに気づくのは、心配でしょう。

もう残り少なくなっているでしょうし、お鍋が上に乗っています
から、なにも落ちてこなければ火事にはならないと思いますが。

この日の空襲警報は、あの東京大空襲の警報のようです。

◆朝ドラとと姉ちゃん76話の主な出演者

高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,有薗芳記,志田未来,

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら 

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回75話五反田の約束****次回77話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ