朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説84話7月9日(土)花山伊佐次に相談

reading_girl.png読書

常子(高畑充希)の雑誌『スタアの装ひ』は、
瞬く間に闇市で類似品が出回り、
大量の増刷分は売れ残ってしまいます。

失敗の原因を探るため、谷(山口智充)を訪問すると
花山(唐沢寿明)に聞いてみなさいと助言され…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん14週「常子、出版社を起こす」
 84話 2016年7月9日(土)放送分のあらすじ解説

①大成功を収めた常子(高畑充希)の雑誌『スタアの装ひ』。

最初のうちは、瞬く間にに売れて、大喜びの常子たちでした。
増刷して大量に売ればお金持ちになれると思って、増刷する
のです。

②増刷をかけ闇市に出かけると、そこには似たような名前
の雑誌であふれかえっていた。

売れるとわかるとすぐ真似されてしまうのですよね。
常子はちょっと浅はかだったようです。

ファッションは比較的簡単なテーマですから、
真似されてもしょうがないでしょう。

③焦って売る常子たちだが、類似品よりも値段が高く紙質も
悪いため、大量の在庫を抱えることに。

他社の方が値段が安くて、紙質も良い、おそらく画像技術
も優れていたのでしょう。

売れるわけがありません。
大量の在庫をかかえては、赤字になったでしょう。

Sponsored Link

④落ち込む常子たちに、鉄郎(向井理)はもう一度頑張れ
と促して去る。

おやおや今度こそ頼りになる叔父さんかと思ったのに、
最初の思いつきは良かったんですがね。

肝心の時にいなくなってしまう、やっぱり頼りない人です。
モデルのお祖父様は頼りになる人でしたのに。

⑤常子は失敗の原因を探るため、谷(山口智充)を訪れると、
かつて内務省にいた花山(唐沢寿明)に聞いてみたらと助言される。

いよいよ花山伊佐次の登場です。
史実の花森安治はファッション雑誌の時から一緒にやっていたのですが、

ドラマでは花山伊佐次のおかげで次の生活雑誌である
「あなたの暮らし」が成功するということにするので
しょうか。

この曲、耳について離れませんね。 

◆朝ドラとと姉ちゃん84話の主な出演者

高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,向井理,及川光博,山口智充,唐沢寿明,

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら 

朝ドラとと姉ちゃん!カリスマ編集長のモデル花森安治とは

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回83話夢の雑誌の創刊****次回85話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ