真田丸キャスト新納慎也が豊臣秀次のイメージを変える?その理由

豊臣秀次役の新納慎也(にいろ しんや)sanada_yukimura.png真田幸村
登場して以来

どうも今までの秀次とは違って、親しみを
感じるなあと思っていました。

回を重ねるにつれて、殺生関白と言われた
秀次のイメージは消え去り、

母性本能をくすぐる愛すべき人物に思え
てきたのです。

どうしてなのだろうと不思議に思い
調べてみました。

スポンサーリンク

◆豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ)とは

そもそも豊臣秀次とはどんな人だったのでしょう。
どんな人生を送ったのでしょう。

豊臣秀吉のあとを継いで関白になりながら
謀反の疑いをかけられて切腹させられたこと
は知っていますが。

❖豊臣秀次のプロフィール

(豊臣秀次画像 ウィキペディアより)
Toyotomi_Hidetsugu-cropped.jpg豊臣秀次

 

 

 

 

 

 


豊臣秀次は、戦国時代~安土桃山時代の武将・大名。

・1568年(永禄11年)
秀吉の姉・とも(瑞竜院日秀)と彌助(後の三好吉房)夫婦の
長男として誕生。名は治兵衛(じへえ)

・1572年(元亀3年)
4歳で戦国大名浅井長政の家臣・宮部継潤の人質から養子となり、
宮部 吉継(みやべ よしつぐ)と名乗る。

時期は不明だが、次いで畿内の有力勢力・三好康長の養子となり
三好 信吉(みよし よしのぶ)と名乗る。

秀吉が天下人になると、羽柴姓に復氏して、名も秀次と改名。
その後、豊臣秀次となる。

鶴松没後、秀吉の養子とされ、朝鮮出兵の直前に関白の職を
譲られて家督を相続。

ところが、秀吉に秀頼が生まれると、秀頼を跡継ぎにしたい
秀吉は、謀反の罪ということにして(諸説あり)、秀次を
強制的に出家させ、高野山青巌寺に閉じ込めて謹慎させた
あげく切腹させる。

1595年(文禄4年)28歳の若さで死没。

秀次の首は三条河原でさらし首にされ、一族のみならず、
側室、家来までことごとく処刑されたとのこと。
(ソース:ウィキペディア)

しかし、秀次の娘である・たか(降清院)は真田信繁の
側室であったことから処刑されず、信繁死亡後に
彼の子供である幸信を産むことになります。

※なんということでしょう。この頃の秀吉は気違いとしか
思えません。秀次は本当にお気の毒です。

本当に秀次は殺生関白だったのでしょうか。

Sponsored Link

❖最近の学説 

最近の学説によると、豊臣秀次は、殺生関白などではなく

秀吉が我が子である秀頼かわいさのあまり、秀次に濡れ衣を
きせて殺してしまったため、それを正当化するために、
殺生関白伝説を作り上げたという説。

はたまた、秀吉は秀次を高野山に番人や料理人をつけて
追放しただけで、切腹の命令は出していない。

秀次が身の潔白を証明するために自害した、という説もあり、
よく分かりません。

秀次が近江八幡の大名だったとき、善政を行ったとされ
今でも、近江八幡の人々は秀次を慕っていることから
すると、やはり殺生関白は作られた話のように
思います。

◆新納慎也と三谷幸喜の秀次への思い

新納慎也が「真田丸の豊臣秀次役」のオファーを受けた時
即座に「やります」とお返事しましたが

その時、三谷幸喜から「こう演じてほしい」というリクエストは
なかったのですが、「勉強しておいてね」というメール
いただいたそうです。

それから新納慎也はAmazonで「豊臣秀次」と検索をして出てくる本、
7~8冊を全て読んでみると、読む本ごとに違う人物像が描かれて
いましたが、それでも“殺生関白”と言われるのはごく一部で、
とても実直で穏やかな人だったという印象を受けたそうです。

それで、しばらくして再びメールで三谷幸喜から
「勉強していますか? どうですか?」と聞かれたので

「はい! (秀次のことを)こういうふうに思います」と答えたら
「僕が思っているのと同じです」とのお返事。

「この秀次が、“殺生関白”になるとは思えないのですが、
どうしたらいいですか?」と聞いたら、

「その話は、僕は全部うそだと思っているので、描きません。
ただ、ひょうひょうと繊細に秀次を演じてください」とお返事が来て
新納慎也のテーマも“ひょうひょう”だったので、安心したそうです。

でも“ひょうひょう”とし過ぎるとリアリティーがないので
何度も養子に出されて人の顔色をうかがうようになったと思われる
秀次が、

城の中で気を使いながらもマイペースに生きていることを
心がけて演じたとのこと。
(ソース:「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!
Smartザテレビジョン 6月29日(水)5時1分配信 )

この話を知って、ようやく合点しました。

新納慎也と三谷幸喜の秀次への思いが一致したので、秀次のイメージ
がスムーズにチェンジできたのですね。

さらに三谷幸喜に、ひょうひょうと繊細に秀次を演じて下さいと
言われて、ひょうひょうとし過ぎないように、自分なりの秀次を
演じているので、素敵な秀次になっているのでしょう。

これからのキーマンは関白秀次です。
新納慎也の演技が光る場面が続々出てくることでしょう。

三谷幸喜も素敵ですね。

メールで「勉強しておいてね」
「勉強していますか? どうですか?」なんてやさしく
聞かれたら、絶対勉強する気になりますよね。

新しい関白秀次がどのように最後を遂げるのか、新納慎也
の心臓の鼓動が聞こえるそうですから、とても
楽しみに期待しています。

◆新納慎也(にいろ しんや)について

ところで新納慎也のことは「真田丸」で初めて知った
ので、簡単なプロフィールを調べてみました。

新納慎也はこんなに口を曲げて
歌うのでしょうか? 

❖新納慎也の簡単プロフィール

本名 同じ  別名義NÎRO

生年月日 1975年4月21日(41歳)
出生地  日本・兵庫県神戸市

身長180cm  血液型A型  職業 俳優

ジャンル 舞台・テレビドラマ

活動期間 1991年 –
事務所 オスカープロモーション(ウィキペディアより)

新納慎也について、もっと知りたくなりましたので、
詳細については別の記事で書くことにします。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ