朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説85話7月11日(月)花山のダメ出し

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」15週reading_girl.png読書

常子(高畑充希)たちが創刊した「スタアの装ひ」は、
類似品が出回り、大量に売れ残ってしまいます。

失敗の原因を探るため、かつて挿絵をもらった花山
(唐沢寿明)の元を訪ねると・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん15週「常子、花山の過去を知る」
 85話 2016年7月11日(月)放送分のあらすじ解説

①常子(高畑充希)たちが作った「スタアの装ひ」。
最初こそ完売したものの、類似品が闇市に出回り、増版は大量に売れ残ってしまう。

そうでした。類似品の方が安い上に、紙質が良くて、装丁も良い
のでは売れないのは当たり前です。増版は大失敗だったのです。

その結果、そそのかした叔父の鉄郎(向井理)は例のごとく姿を隠
してしまうし、困った常子は甲東出版で花山伊佐次に相談するよう
にすすめられました。

②失敗の原因を探るため、常子はかつて挿絵をもらった
花山(唐沢寿明)を訪ねる。

あの時は、挿し絵を描いてくれないという花山に、「賭けをしよう」
ともちかけて、常子が賭けに勝ったら花山が挿し絵を描くと約束
させました。

そして常子が、花山が1時間以内に挿し絵を描かないことに賭けると
言ったのでした。

何とうまいことを考えたのでしょう。

花山が1時間以内に挿し絵を描かなければ、常子は賭けに勝って
挿し絵を描いてもらえます。

1時間以内に描けば、常子は賭けに負けますが、挿し絵は描いて
もらえるので、いずれも結局描いてもらえるのです。

最初私は理解できなかったのですが、思い出す度に感心して
しまいます。

こんなことがあったのですから、花山伊佐次は常子のことを
きっと覚えているでしょう。

でも一筋縄ではいかないでしょうね。

Sponsored Link

③妻の三枝子(奥貫薫)は優しいが、肝心の花山はダメ出しばかり。

花山の妻・三枝子は、学生結婚した恋女房。たしか史実では
ももよさんです。

花山(モデルは花森安治)が帝国大学に入学した年の夏休み、
松江(島根県松江市)へ帰省するとき東京駅の切符売り場で
ももよさんと会います。

偶然、松江で二人の共通のお茶の先生宅で再会したことから
交際が始まったのでした。

ももよさんは、ミス松江に選ばれたことのある和風美人で
老舗の呉服問屋「山内呉服屋」の4女です。

山内家では反対しましたが、花森安治の恩師の口利きで
ようやく結ばれたといういきさつがあります。

おかっぱ頭にスカートなんて変な人ですね。 

④しかし、その全てが的確な指摘で、常子は深い感銘を受ける。

花山の考えは常に現実主義のようです。常子の父・竹蔵と同じく
日常が大事なのです。

花山の「スタアの装い」へのダメだしは、取り扱っている洋服
が、外国人のモデルが着ているようなものばかりで、現実には
着れないというのです。

でも私が若い頃も、今も外国人のモデルの洋服は誌面を飾って
いますけどね。

さらに、洋服の作り方が描いてあっても、現状では布が手に
入らないのだから、作れないと言うのです。

確かになっとくですね。

⑤聞けば業界で知らないものはいない程の才能がある
にも関わらず、ペンを折ったというのだが…。

もうこの頃から才能が認められていたのですね。
どうしてもう描かなくなったのでしょう。

どうやら戦争体験が関係しているようです。

◆朝ドラとと姉ちゃん85話の主な出演者

高畑充希,木村多江,相楽樹,杉咲花,奥貫薫,及川光博,寺田農,唐沢寿明,

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら 

関連記事:朝ドラとと姉ちゃん!カリスマ編集長のモデル花森安治とは

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回84話花山伊佐次に相談****次回86話花山断筆の理由>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ