朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説92話7月19日(火)カフェの取材

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」16週reading_girl.png読書

綾(阿部純子)がお金に困って常子(高畑充希)
のところにやって来ます。

金を工面し届けると、カフェで男性客の接待をする
綾を見て常子は驚きます。

花山に命じられ、常子はカフェの取材を始めるのですが…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん「“あなたの暮し”誕生す」
 92話 2016年7月19日(火)放送分のあらすじ解説

①綾(阿部純子)が常子(高畑充希)のところに金策に来る。
事情を知った常子は金を工面し、後日綾の元を訪ねる。

相変わらず綾は苦労をしているようですね。
家賃も払えなくなり、恥をしのんで常子のところに
お金を借りにくるのです。

これも戦争のせいですが、初めから貧乏だったのなら
いざしらず、良家のお嬢様だった人が落ちぶれると
なんだかかわいそうですね。

常子は「スタアの装い2号」が売れたおかげで一息ついた
ところですから、なんとか工面できたのでしょう。

②職場にいるからと案内された先は、何とカフェ。
綾は苦しい生活を支えるため、派手な衣装を身にまとい
男性客に接客していたのだ。

当時のカフェはコーヒー喫茶ではなく、今のキャバクラ
(キャバレー+クラブ)のような風俗営業の一種だった
そうです。

綾はさしずめキャバ嬢というところでしょう。
昔の綾から思うと考えられないですよね。

でも生活のためには仕方なかったのです。

Sponsored Link

③花山(唐沢寿明)に綾のことを伝えると、なぜカフェの
女性たちに取材しないのかと叱られる。

さすが花山です。カフェの女性たちは、着飾って男性客の接待を
するのが仕事ですから、衣装には、普通の女性より何倍も
関心があるはずです。 

そういう女性たちの考えや実情を取材することは
新しい雑誌の良い材料になるはずです。

④常子は綾に頼み込み、鞠子(相楽樹)と美子(杉咲花)
を連れて、カフェの部屋裏に潜入するが…。

カフェの女性たちは皆、新しい洋服が欲しいけれど、布が高くて
買えないとか、作り方がわからない等の実情を訴えてくれる
のでした。

右側が花山伊佐次のモデル花森安治
ですが、女装していないですね。 

これらの取材により、花山はどこの家庭のタンスにも眠っている
着物の反物を洋服にすることを思いつくのです。

まだ洋服があまり出回っていない時代ですからね。

◆朝ドラとと姉ちゃん92話の主な出演者

高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,佐藤仁美,阿部純子,伊藤淳史,唐沢寿明,

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回91話新雑誌の誕生****次回93話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ