朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説97話7月25日(月)東堂の家を訪問

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」17週reading_girl.png読書

常子(高畑充希)と花山(唐沢寿明)は、
次号のテーマを「住まい」に決めます。

そんな折、東堂(片桐はいり)からの手紙
を発見した常子は、彼女を訪ねてみると、
そこは殺風景で手狭な物置で…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん17週「常子、花山と断絶する」
 97話 2016年7月25日(月)放送分のあらすじ解説

①昭和22年。常子(高畑充希)たちが創刊した『あなたの暮し』は、
3万部を超える売上げを達成する。

すごいですね。戦後の女性たちが必要としていた内容がヒット
したのですね。

新聞広告や「直線裁ち」講座も役にたったに違いありません。
書店で直接買うことができない地方の女性たちからも、現金書留
での注文が殺到したそうです。

現在インターネットの普及により、本が売れなくなっていて
実用書ならば、3万部売れれば、ベストセラーだとされています。

戦後は現在とはちがって本が良く売れたとしても第1号で3万部
はすごいと思います。

②更に販売部数を伸ばすために、花山(唐沢寿明)が次の特集に
と企画したのは、「住まい」についてだった。

「あなたの暮らし」は衣・食・住について暮らしに役に立つ
内容を目指していますから、衣食住のどれかが、毎回テーマに
なるわけですね。

第一号は「衣」がテーマでした。
その頃、戦災で焼け出された人々が住居にかなり困っていた
ようです。

花山が常子を手伝う前にやろうとしていた仕事がありましたね。

しかし、戦災で焼け出されてしかたなく不法地に住んでいた人々を、
追い出さなければできないことを知り、花山はその仕事をやらない
ことにしました。

その時のことが花山の頭に浮かんだのかも知れません。

Sponsored Link

③そんな折、美子(杉咲花)が、女学校時代の恩師・東堂
(片桐はいり)から来た手紙を見つける。

平塚らいてうの青鞜を貸してくれた恩師ですね。
「あなたの暮らし」で常子たちのことを知ったのでしょう。

女性でも男性と同じことができることを教えた教え子たちが
出版社を起こして、ベストセラーになるよな雑誌を創刊した
のは本当にうれしかったと思います。

手紙をかかずにはいられなかった気持ちよくわかります。

④書かれた住所を頼りに訪ねてみる常子。焼け出され移り住んだと
いうその場所は、家具も台所もないような殺風景な物置だった…。

先生の家はなんと物置だったのです。当時焼け出された人々は
本当に住む場所に困っていたのですね。

物置などに住まざろうえない人びとも大勢いたことと思われます。

この先生の物置の家を住み良くすることが次のテーマに役立つ
ようです。

◆朝ドラとと姉ちゃん97話の主な出演者

高畑充希,木村多江,相楽樹,杉咲花,利重剛,片桐はいり,伊藤淳史,唐沢寿明,

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回96話直線裁ち講座開催****次回98話住まいの改造>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ