朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説102話7月30日(土)花山出て行く

◆◆朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説102話7月30日(土)花山出て行く

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」17週reading_girl.png読書

広告を載せた最新号を見た花山(唐沢寿明)
の表情が変わります。
こうするしかなかったと説明する常子
(高畑充希)に、「もう君と雑誌は作れない」
と、言い残し花山は編集室から出て行く・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん(102)「常子、花山と断絶する」
 102話 2016年7月30日(土)放送分のあらすじ解説

①広告を載せた新刊が出来上がる。同じ頃、
花山(唐沢寿明)は闇市で売られているパンを見て、
小麦を使った料理を次の特集にすることを思いつく。

この企画は当たりそうですから、うまくいけば広告を載せなくても
なんとかなったのではないでしょうか。

広告を載せないという花山の信念に賛成できないのでは、一緒に
雑誌を作れないのは当然です。

史実ではこういうことはなかったようですが。

あなたの暮らしの次号はホットケーキ
の作り方です。 

②嬉しそうに編集室に戻る花山だが、最新号を見て
表情が変わる。

せっかく次号の新しい企画を思いついて、資金繰りに無関心な花山も
これで「あなたの暮らし」出版社の資金もなんとかなると、喜んで
編集室に戻ったのに、すでに広告が載っていては、唖然とすること
でしょう。

あれだけダメだと言ったのに、無断で広告を載せられてしまっては
花山の立つ瀬がないですよね。

激怒して出て行ってしまっても仕方ないと思います。

Sponsored Link

③資金が足りず、こうするしかなかったと説明する常子
(高畑充希)。もう君と雑誌は作れないと、花山は部屋から出て行く。

やはり花山は出て行ってしまいます。常子はどうするのでしょう。
こういうことになるとは予想もしていなかったのでしょうか。
花山がいなくてもやっていけると思ったのでしょうか。

困ったことになりましたね。

④突如、花山抜きで始めることになった企画会議。
その空気は重苦しく、ただ時間だけが過ぎていった…。

ここで、花山と一緒に闇市に行った美子(杉咲花)が、花山が考え
ていた小麦粉を使った料理特集の企画を提案し、次号の目玉に
することにします。

花山抜きで、果たしてうまくいくのでしょうか。
いかないような気がします。

◆朝ドラとと姉ちゃん102話の主な出演者など

出演者:高畑充希,木村多江,相楽樹,杉咲花,奥貫薫,伊藤淳史,唐沢寿明, 語り:檀ふみ  原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回101話無断で広告掲載****次回103話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ