朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説107話8月5日(金)花山が戻る

『あなたの暮し出版』に再び戻ってきた花山sweets_pancake.pngホットケーキ
(唐沢寿明)は書きかけの原稿を見て、

誰もが同じものを作れるように、写真を
使って説明する方法を提案します。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん18週「常子、ホットケーキを
つくる」107話 2016年8月5日(金)放送分のあらすじ解説

①谷(山口智充)と美子(杉咲花)の尽力もあって、花山
(唐沢寿明)が再び『あなたの暮し出版』に戻ってきた。

今回は美子のお手柄ですね。最終的には谷が、あなたの暮らし出版
以外に、花山が自由に雑誌をつくれる場所はないと説得したことだと
思います。

谷は甲東出版でかなり自由に雑誌を作っていましたが、結局
経営が成り立たず、大手出版社に吸収合併ということになり

今は自由に雑誌を作れないもどかさがあるのでしょう。
花山がそうならないように、必死に訴えるので、花山も
気づくのではないでしょう。

②常子(高畑充希)たちの書きかけの原稿を見て、花山は
料理の経験のない水田(伊藤淳史)に原稿通りにホットケーキ
を作るように指示する。

水田に作らせるのは名案でしたね。水田は、普通の人よりずっと
不器用なようですから、水田が本を見ただけで作れるようなら
誰でも同じようにつくれること、請け合いです。

③すると、細かいニュアンスが伝わらず、失敗してしまう。

作ったことがない人には、簡単そうなホットケーキでもうまく
いかないのかも知れません。

料理って、やってみると確かに細かいことでつまづくんですよね。

私が最初にホットケーキを作った時も、油の敷き方や、火の強さ
焼き加減など、なかなかうまくできませんでした。

Sponsored Link

④誰でも同じものが作れるように、花山は写真を使うことを提案
する。それは料理の作業を分解して説明する画期的な方法だった…。

今では当たり前になっている写真での説明は、当時はまだ斬新
だったのでしょう。

作業をわかりやすいように分解して、写真をみればわかるように
したのです。

これが大当たりして、経営が安定するのでしょう。

◆朝ドラとと姉ちゃん107話の主な出演者など

出演者:高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,ピエール瀧,平岩紙,奥貫薫,佐藤仁美,阿部純子,伊藤淳史,唐沢寿明,
語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回106話花山を説得する****次回108話水田鞠子に求婚する>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ