朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説108話8月6日(土)水田鞠子に求婚する

ますます雑誌作りに夢中な常子(高畑充希)は、sweets_pancake.pngホットケーキ
結婚などは考えないが、

鞠子(相楽樹)は水田(伊藤淳史)と交際中。
水田は回りに押されて一念発起しプロポーズを決行
しますが・・・

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん(108)「常子、ホットケーキ
をつくる」2016年8月6日(土)

①昭和25年。常子(高畑充希)は、ますます雑誌作りにのめり込んでいた。新聞をくまなく読み、行列を見たら並ぶ。その姿は、まさに水を得た魚のような活躍ぶり。

あっという間に数年経ってしまいましたね。
花山が戻って、ホットケーキの記事が評判になり、ようやく雑誌経営が
広告無しでも成り立つようになったようです。

最初の数年、花山がいても経営不振に陥ったのは、まだあなたの暮らし
のやり方がはっきり確立していなかったのでしょう。

その時々の記事の当たりはずれによって売れたり、売れなかったりした
のが原因と思われます。

②一方、鞠子(相楽樹)は水田(伊藤淳史)と交際を続けているが結婚には至らないまま。

両思いなのに、水田も内気なので、断られるのを恐れて、なかなか
言い出せないらしいのです。

こういうカップルいますよね。
二人の様子を見れば、好きあっているのはあきらかなのに、なかなか
プロポーズできない人。

男性が内気でプロポーズできないなら、女性が言えばいいのですが、
当時はまだ女性からプロポーズも少なかったでしょうし、
鞠子もまだすぐ結婚はしたくないようなのです。

Sponsored Link

③花山(唐沢寿明)からは、結婚を控えているなら意見を聞きたい
とやぼなあおりを食らうことも。

花山は新婚生活の特集を組もうとしているので、水田と鞠子が
結婚してくれれば、身近で取材ができますからね。
あなたの暮らしの目玉記事になりそうです。

戦後の結婚式は、まだまだウェディングドレスが流行していません
から、神式で文鎮高島田の衣装では、ずいぶんお金がかかりますね。

でも、あなたの暮らしは結婚式ではなく、新婚生活の記事ですから、
またまた色々な工夫が紹介されるのでしょう。

どんな記事なのか見てみたいです。

新婚と還暦が同じ赤パジャマって
面白くないですか?二人で還暦を
迎えられるといいですね。 

④周囲にたきつけられ水田は一念発起してプロポーズを決行。
果たして鞠子の返事はいかに…

鞠子は水田のプロポーズは予想通りで、うれしいのですが、
まだまだやり残したことがあると思っているのです。

せっかく女子大学まで出してもらったのに、これといった
大仕事を成し遂げていない気がするのですね。

史実の大橋晴子は大学は出ていないはずですが、常子の
働きで鞠子を大学に行かせる設定が欲しかったのでしょう。

そのため、せっかく頑張った水田のプロポーズに、即答は
しない鞠子です。

水田さんかわいそう。でもいずれは結婚できるのですから。

◆朝ドラとと姉ちゃん108話の主な出演者など

出演者:高畑充希,相楽樹,杉咲花,木村多江,ピエール瀧,平岩紙,伊藤淳史,唐沢寿明,  語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回107話花山が戻る****次回109話鞠子結婚に迷う

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ