朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説115話8月15日(月)色落ちする傘

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」20週ダウンロード.jpg赤い傘3

昭和30年。日本は神武景気に湧き、人々の
購買意欲は高まるばかりでした。

常子(高畑充希)は花山(唐沢寿明)の提案で
理想の台所を求めて取材に出ると、

傘で遊ぶ女の子に出会い、商品テストをする
きっかけに・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん20週「常子、商品試験を始める」
115話 2016年8月15日(月)放送分のあらすじ解説

①昭和30年。戦後となって初めての好景気を迎え、 世間は購買意欲に湧いていた。

そうそう私が中学生になった頃で、神武景気という言葉を初めて
知った時でした。

けちん坊の母も、共稼ぎで教師をしていましたから、少しでも 家事の手を
抜くために、奮発して、洗濯機と冷蔵庫を買ったのを 覚えています。

でも当時の洗濯機は今のような脱水装置は付いておらず、2つの ローラー
の間にに洗濯物を挟んで、ハンドルで回して水をしぼる ものでした。
大変な時代でした。

②「あなたの暮し出版」は順調に雑誌の売り上げを伸ばし、
社員の数も増えて活気づく。

創立から9年が過ぎ、15万部を超えるほどに売上を伸ばしたの ですから
すごいことですね。最初は1万部が売れたり、売れ残ったり の単位でしたのに。

従って、専任のカメラマンをやとったり、従業員も増やしました。

編集部は銀座のビルの2階を借りていたのですが、やがてビル
全体 を借りるようになって、活気に満ちていたのです。

Sponsored Link

③しかし、常子(高畑充希)と花山(唐沢寿明)は、モノが増え
つつ ある時代に新たに読者に役に立つ企画を模索する必要性を感じていた。

時代によって、暮らしに役立つ情報は違ってきますからね。

戦後、食べ物も着るものも、家も無かった時代は、何でも自分で
作らなければなりませんでしたから、ホットケーキや直線断ちの
洋服の作り方などが役にたちました。

でも物が多く出回るようになると、それほど自分で作らなくても 既成品
で間に合うようになってきましたから、別の企画が必要 になったことでしょう。

④そこで、常子は理想の台所を求めて各家庭を取材することに。

どんなに物が増えても、主婦にとって理想の台所は永遠のテーマです。

私も今までに3回、台所を作り変えましたが、いまだに理想を追い求め
ていますからね。

今でもキッチンの展示会があると、つい見に行きたくなりますし、 便利な
器具や機械がでると、ついつい買ってしまっては、あまり便利 じゃなくて、
物置に眠ってしまうものがたくさんあります。

最近はネットのレビューなどをよく読むようにしていますが、 それでも、
なかなか本当に良いものを探すのは難しいと感じます。

⑤その取材の途中、常子は傘で遊ぶ女の子と傍らで見守る男の子に出会う…。

常子は幼い女の子が赤い傘を振り回してはしゃいでいて、あにがじょうろ
でその傘に水をかけて遊んでいるところに出会うのです。

8月のことですから、水遊びが楽しい時期でもありますね。
よく見る光景 ですが、なんとその時、傘の染料が落ちて、女の子の
お気入りの洋服が 赤くなってしまったのです。

【!ご予約品!】2017年1月下旬仕上予定◆イマージュ◆センチュリーレッド(スリ…
この傘はもちろん色落ちしません。性能が
良く人気で予約が一杯です。 

きれいに染まるならまだいいのですが、そういう時は汚くなってしまい
ますから、女の子は落ち込んでしまったのです。

その姿が常子の心に深く刻まれ、商品テストをするきっかけになるのでした。

当時は確かに色落ちはひどかったです。
洗濯も色物は一緒に洗濯機に入れることができませんでした。
何回も失敗して、へんな色になってしまったことを思いだします。

◆朝ドラとと姉ちゃん115話の主な出演者など

出演:高畑充希,木村多江,相楽樹,杉咲花,伊藤淳史,及川光博,唐沢寿明, 語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回114話結婚式の挨拶****次回116話せっけんの試験>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ