朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説127話8月29日(月)星野と偶然出会う

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」22週

以前カフェの女給・梢だsentaku_iron.pngアイロンった康恵(佐藤仁美)
の主婦仲間が集まり、アイロンの商品試験が
本格的に始まります。

常子(高畑充希)は相変わらず、忙しい日々を
送っていましたが、ある日、星野(坂口健太郎)と
偶然出会ってしまい…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん22週「常子、星野に夢を語る」
127話 2016年8月29日(月)放送分のあらすじ解説

①康恵(佐藤仁美)が集めて来た主婦仲間の協力を得て、
ようやくアイロンの商品試験が本格的に始動する。

康恵は戦争未亡人で、カフェの女給だったときは、
梢(こずえ)という源氏名で働いていましたが、
戦後再婚してカフェを辞め、本名の康恵(やすえ)に
なっていたのです。

もともと姉御肌だったので、今は主婦仲間のリーダー的
存在になっていて、商品試験にはよく協力してくれる
頼もしい人なのです。

②常子(高畑充希)は多忙な日々を送る中で、星野
(坂口健太郎)への思いを断ち切ろうとするが、
星野一家と偶然再会してしまう。

再会したのは「キッチン森田」でした。
料理記事の確認のために訪れて、星野一家が食事に
来ていたのです。

昔、帝大生だった時、星野は弁当の仕出し屋だった
森田屋で「葉っぱのあんちゃん」と言われて可愛がられて、
いました。

そしてときどき森田屋でご馳走にになっていましたから、
ご恩返しに、よくキッチン森田で食事をするように
なっていたのでしょう。

Sponsored Link

③星野の娘・青葉(白鳥玉季)から「次はいつ来てくれるの?」
と聞かれる常子。返す言葉が見つからず、その場を後にする。

そうですよね。前は週一回きてくれたオシャレなおばちゃんと
楽しい時間を過ごしたことを青葉ちゃんは忘れていないのです。

母親が恋しい年頃ですから、常子の存在は大きかったのでは
ないでしょうか。

でも星野に断られたので、気楽に行くこともできず、返事に
困って、きっとぎごちなく別れるのでしょう。

青葉ちゃんには理解できないでしょうね。

④そんなある日、星野の元を義父・弓岡(志賀廣太郎)が突然訪ねてくる…。

星野の亡き妻の父親である弓岡は、星野がなかなか再婚しないのを
知って、娘の遺言を伝えに来るのです。

亡き妻は死ぬ間際に
「もしあの人が数年たっても一人だったら、再婚するように勧めて
ほしい」と言ったのだそうです。

幼い子供たちを残して旅立つのですから、再婚して欲しいと
思うかもしれませんね。

星野には再婚の意思はなかったらしく、何と言ったらいいかわからず
沈黙してしまいます。

視聴者としては、常子と再婚して幸せになって欲しいですが、史実
とは違うので、無理でしょうねえ。

◆朝ドラとと姉ちゃん127話の主な出演者など

出演:高畑充希,相楽樹,杉咲花,ピエール瀧,坂口健太郎,佐藤仁美,白鳥玉季,伊藤淳史,唐沢寿明,
語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回126話最後の日****次回128話青葉の誕生日>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ