朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説128話8月30日(火)青葉の誕生日

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」22週

再婚しsentaku_iron.pngアイロンて欲しいとの亡き妻の思いを知り、星野
(坂口健太郎)の心は揺れるのです。

一方、数か月に及ぶアイロンの商品試験を終えた
常子(高畑充希)に、青葉(白鳥玉季)から助けを
求める電話がかかり…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん22週「常子、星野に夢を語る」
128話 2016年8月30日(火)放送分のあらすじ解説

①星野(坂口健太郎)は、妻が生前再婚を望んでいた事
を義父から聞かされ、心が揺れる。

複雑な思いなのでしょう。再婚したら亡き妻が悲しむだろう
と思っていたのではないでしょうか。

だからこそ、常子にもう来ないで欲しいと言ったのです。
それが、亡き妻は自分に再婚して欲しがっていたと知って
ショックもあり、抑えていた常子への思いもあり、何とも
切ない思いだと考えられます。

②数か月に及ぶアイロンの商品試験を終えた常子(高畑充希)
は、康恵(佐藤仁美)たちの協力に成果を感じ、読者から
テスターを募集することを思いつく。

やはりアイロンなどという主婦が使う電化製品は、主婦の
感覚で試験をしなくては意味がないと思います。

あなたの暮らし出版の若い独身男性など、アイロンを
使ったことがない人では、見る目や考えが違うでしょう。

読者からゲスターを募集するのは現在では当たり前に
なっていますが、当時は画期的なアイデアだったのでは
ないでしょうか。

Sponsored Link

③そんな折、常子に青葉(白鳥玉季)から助けを求める電話が来て、急いで自宅に向かう。

青葉の電話では、兄・大樹の具合が悪いのですぐ来てほしいというのです。
あわてて星野の家に行ってみると、大樹は元気で、親子三人で青葉の誕生日
のお祝いをしていたのです。

青葉は常子にも来てほしくてうそをついてしまったのです。
そんな青葉を常子はせめることもせず、大樹が無事だったことにホッとして
涙をにじませるのです。

そんな常子に星野は胸をうたれ自分の気持ちをおさえられなくなってしま
います。当然のなりゆきでしょうね。
とても良い家族になれそうなのに。

④同じ頃、『あなたの暮し』の記事に憤ぬする電機メーカー社長・赤羽根(古田新太)の手が迫ろうとしていた。

いよいよ登場しますね。古田新太が演じる赤羽根社長。やはり製品を
酷評されて売上がガタ落ちになったことに腹を立てて、様々な嫌がらせを
するのです。

常子や花山たちはどうやって対抗するのでしょうか。
古田新太の悪役ぶりも楽しみですね。

◆朝ドラとと姉ちゃん128話の主な出演者など

出演:高畑充希,杉咲花,坂口健太郎,佐藤仁美,志賀廣太郎,白鳥玉季,伊藤淳史,古田新太,唐沢寿明,
語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧 
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回127話星野と偶然出会う****次回129話星野の告白>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ