朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説130話9月1日(木)赤羽電機製造問題

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」22週sentaku_iron.pngアイロン

再び常子(高畑充希)が星野(坂口健太郎)たちと
幸せな時間を過ごし始めたある日、電機メーカー
赤羽電機製造の社員が訪ねてきて、製品を酷評
しないでほしいと懇願して…。

スポンサーリンク

連続テレビ小説とと姉ちゃん22週「常子、星野に夢を
語る」130話 
2016年9月1日(木)放送分のあらすじ解説 

①常子(高畑充希)は、再び星野(坂口健太郎)や子供たちとの幸せな時間を過ごし始めることに。

常子ともっと話がしたいという星野の告白を受け入れて、常子も
子供たちがかわいくて、星野とも一緒の時間を過ごしたい気持ちを告白。
再び交際することになったのでした。子供たちも大喜びです。

②商品試験も順調に進む中、電機メーカー赤羽根電機製造の社員、
村山(野間口徹)と酒井(矢野聖人)が訪ねてくる。

いよいよ古田新太が演じる赤羽社長の攻撃が始まるようです。
今回は泣き落とし作戦のようです。どうして社長本人では
なく社員を使ったのでしょう。

社長がこなくては本当の気持ちは伝わらないではないでしょうか。  

③電機釜の商品試験では自社製品を酷評しないでほしいと涙ながら
に懇願する二人に困惑する常子だったが、花山(唐沢寿明)は一喝し追い返す。

花山編集長は、泣き落としにかかる2人の社員に、「泣いている
暇があったら商品開発をしなさい」と言って追い返すのです。
その通りだと思います。それが赤羽社長には伝わらないのです。

④去っていく村山たちと「あなたの暮し出版」を見つめる、謎の男(石丸幹二)が…。

謎の男はどうやらどこかの新聞記者のようです。売り上げを伸ばす
「あなたの暮らし」に興味を持って調査をし始めるのではないでしょうか。
本当に公正な調査をやっているのかどうか、わいろをもらっているのでは
ないかなど。 

◆朝ドラとと姉ちゃん130話の主な出演者など

出演:高畑充希,杉咲花,坂口健太郎,ピエール瀧,上杉柊平,野間口徹,矢野聖人,荒井雄斗,白鳥玉季,伊藤淳史,古田新太,石丸幹二,唐沢寿明,語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回129話星野の告白****次回131話赤羽根社長登場>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ