朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説134話9月6日(火)電気釜編無事出版

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」23週 images.jpg昭和の電気釜

常子(高畑充希)たちは何とか原稿を間に合わせること
ができて、『あなたの暮し』を無事出版します。

商品試験で最低点をつけられた赤羽根(古田新太)は、
手段を選ぶなと部下に指示して…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん23週「常子、仕事と家庭の両立
に悩む」134話 2016年9月6日(火)放送分のあらすじ解説

①不眠不休で何とか原稿を間に合わせた常子(高畑充希)たち。

星野たちと動物園に行く約束をキャンセルしたのは残念でしたが、
なんとか間に合って良かったですね。

赤羽根も印刷所に電話して原稿を印刷する前に廃棄させるなんて
なんという悪知恵が働くのでしょう。

でも下書きやデータなどは長期間保存しておくものですから、
なんとかなるものです。

②約束を果たせなかったと悔やむ常子のもとを星野(坂口健太郎)
たちが差し入れの弁当を持って訪ねてくる。

ずいぶん気が効いていますね。不眠不休で働いているから、ろくに
食べるものも食べていないだろうと思ってのことでしょう。

青葉が「おばちゃんの嘘つき」と言ったことで、常子が落ち込んで
いるだろうと心配になったこともあると思います。
やさしい人ですね。

Sponsored Link

③わがまま言ってごめんなさいと謝る星野の娘・青葉(白鳥玉季)にこちらこそと謝る常子。

おばちゃんは急なお仕事ができて動物園に行けなくなったことを、
星野がよくよく説明したのだと思います。

青葉ちゃんはおりこうですからちゃんと理解して、おばちゃんに
あやまりに来たかったのかもしれません。

青葉と常子がお互いに謝りあってめでたしめでたし。
とても良い家族になれそうなのに、再婚はないようです。

④こうして、電気釜が特集された『あなたの暮し』は無事発売され、上々の売れ行きとなる。

電化製品が大いに売れた時ですから、読者は商品試験に非常に興味
を持っていて、毎号楽しみにしていたのだと思います。

それが毎月発行されるのではなく、2か月に一回の発行ですから
待ち遠しかったのではないでしょうか。

なつかしい昭和の電気釜をみつけ
ました。 

現在はどのメーカーの製品でも、それほどの粗悪品はありません
から、「あなたの暮らし」のモデルである「暮しの手帖」は
もう商品試験はしていません。その役割は終わったのでしょう。

⑤商品試験で最低点をつけられた赤羽根(古田新太)は、手段を選ぶなと部下に指示する…。

おやおや、まだ良い商品を作ろうとは思わないようです。
今度はどんな手を使って妨害するのでしょう。たいへんですね。

◆朝ドラとと姉ちゃん133話の主な出演者など

出演:高畑充希,杉咲花,坂口健太郎,石丸幹二,野間口徹,矢野聖人,伊藤淳史,古田新太,唐沢寿明,語り:檀ふみ  原作・脚本:西田征史

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回133話原稿捨てられる****次回135話星野に転勤内示>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ