朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説137話9月9日(金)偽装の記事

reading_girl.png読書

週刊誌に「あなたの暮らしの商品試験は偽装だ」という
衝撃的な見出しが載り、編集部は騒然となります。

花山(唐沢寿明)は「相手にするな」と言いますが、
常子(高畑充希)は不安になってしまい・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん23週「常子、仕事と家庭の両
立に悩む」137話 2016年9月9日(金)放送分のあらすじ解説

①『あなたの暮し』の商品試験は偽装だという衝撃的な見出し
が載った週刊誌が発売され、編集部は騒然となる。

またまた赤羽根のしわざでしょうか。

驚いたことに、その偽装を証言したのは、常子が家庭での商品
試験を頼んだテスター達だったのです。

一万人以上の応募者の中から、「あなたの暮らし出版」に近い人
を選んだのですから、赤羽根が最初からテスターを送りこんだの
ではないでしょう。

おそらく、「あなたの暮らし出版」の社員から、テスター達の
名前や住所を聞き出して、買収したのだと思われます。
相当の金額を出したのでしょう。

もちろん情報をもらした社員も買収されたのです。そんな社員が
いるのですね。

②相手にするなという花山(唐沢寿明)の言葉に社員は落ち着きを
取り戻すも、常子(高畑充希)は不安が残る。

花山は偽装はしていないという自信があるのでそんなことを言うの
でしょうが、社長である常子はそれは心配でしょう。

一気に「あなたの暮らし」の売上が落ちてしまいますからね。

Sponsored Link

③そんな中、常子たちは三種の神器の一つ、洗濯機の試験を始めることに。

電気製品の三種の神器はその頃(1950年代)、
白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫だったと思います。

これらの3品は、ちょっと頑張れば手が届く夢の商品であり、
新婚生活など、新たな生活には必ずというほど購入されたのです。

④その最中、国実(石丸幹二)の企てにより、全国紙にも商品試験
の公平性が問われるという旨の記事を書かれ、常子たちは更に窮地に立たされる…。

国美は「あなたの暮らし」に非常に興味を持っていましたので、
例の週刊誌の記事を読まないわけがありません。

それでも、週刊誌とは違って、いきなり偽装だとは決めつけない
ところがちょっと意外です。

もしかしたら、国美は「あなたの暮らし」を調べているうちに
悪意はなくなり、真実を調査しようという気になったのかも
しれません。

◆朝ドラとと姉ちゃん137話の主な出演者など

出演:高畑充希,木村多江,杉咲花,石丸幹二,野間口徹,矢野聖人,伊藤淳史,古田新太,唐沢寿明
原作・脚本:西田征史 音楽:遠藤浩二

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回136話星野転勤を決意****次回138話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ