朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説138話9月10日(土)社員の告白

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」23週 reading_girl.png読書

あなたの暮らしの商品試験に偽装の疑いを
かけられた常子(高畑充希)は、大東京新聞
の記者である国実(石丸幹二)に

「あなたの雑誌には影響力がある。」と
言われ責任を感じます。

さらに、常子の出版社の社員から情報を漏らしたのは
自分だと告白され、動揺が走り…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 とと姉ちゃん23週「常子、仕事と家庭の両
立に悩む」138話 2016年9月10日(土)放送分のあらすじ解説

①「あなたの雑誌には影響力がある」。常子(高畑充希)は国実
(石丸幹二)に言われ、改めて重責を感じる。

国美はますます常子の味方になっているような感じがしますね。
「あなたの雑誌には影響力がある」だなんて、これはほめている
としか思えません。

本当は味方になるのではないでしょうか。

②出版社に戻ると、出版社の社員からテスターの情報を週刊誌に
漏らしたのは自分だと告白される。

この件には赤羽根(古田新太)が関係していて、赤羽根がこの社員
に週刊誌に情報を漏らすように仕向けたのだと思われます。

もちろんテスターたちの情報は赤羽根もこの社員から聞いて、テスター
たちを買収したのでしょう。

でもことが大きくなってこの社員は良心の呵責にたえられず、告白
したのではないでしょうか。反省はしているようです。

Sponsored Link

③会社と社員を全力で守るとかつて決心した常子は、信頼を取り戻
すつもりがあるなら、これまで通り働いてほしいと説得するも責任
を取り辞めてしまう。

常子は社員を守ると決心していても、悪いことをしてしまった社員は
他の社員の手前もあるし、今まで通り働くのは無理だと思います。

やはり責任をとって辞めるのが普通でしょうね。

④常子は、自分の信条を社員に押し付け過ぎていたのではないかと悩んでしまい…。

またまた悩む常子ですね。本当に常子にとって仕事が子供なのです。
子供のことで一喜一憂して、落ち込んだり、喜んだり。

そんな常子社長のことを社員たちはわかってくれているようです。
社員たちの励ましで、常子は再び立ち直り、洗濯機の商品試験を
開始します。

ここでとと姉ちゃんの23週が終わるのですが、
23週の題名は「常子、仕事と家庭の両立に悩む」でしたが、
この意味が理解できないでいます。

常子は結婚して別の家庭を持っているわけではなく、ずっと
仕事をしていて、母親と姉妹で暮らしているのに、いまさら
「仕事と家庭の両立に悩む」とはどういうことなのでしょう。

どなたか、わかる方がいらしたら、コメント下さればうれしい
です。

※今朝(9月5日)の放送でようやくわかりました。先週の題名なのに。
原稿が捨てられた事件で、星野の子供たちと約束した動物園に行く
ことができなくなった常子は、

もし星野と結婚したら、仕事と家庭を両立するのは難しいなと
想像して思ったことでした。

まもなく星野と別れることになるので、そんな心配は無用なのですが。

◆朝ドラとと姉ちゃん138話の主な出演者など

出演:高畑充希,相楽樹,杉咲花,ピエール瀧,平岩紙,伊藤淳史,唐沢寿明,上杉柊平,
語り:檀ふみ 原作・脚本:西田征史 音楽:遠藤浩二

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回137話)偽装の記事****次回139話商品試験を公開>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ