朝ドラとと姉ちゃんあらすじ解説144話9月17日(土)鉄郎夫婦の登場

NHK連続テレビ小説2016年度前期「とと姉ちゃん」24週 kome_fukuro-png%e7%b1%b3

あの鉄郎(向井理)がひょっこり美子(杉咲花)の
お祝いに現れます。また何か起こりそうです。

かつて小橋家の米を食べ尽くしたおわびだと米を
土産に持参します。いいとこありますね。

君子(木村多江)はこちらこそ
助けられたとお礼を言うのですが・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説とと姉ちゃん24週「常子、小さな幸せを大事
にする」144話 2016年9月17日(土)放送分のあらすじ解説

①常子(高畑充希)や鞠子(相楽樹)たちが催した美子(杉咲花)の結婚祝い。その最中、音信不通だった鉄郎(向井理)が嫁の幸子(岩崎ひろみ)を連れて現れる。

常子たちはさぞ驚いたことでしょう。いつも何の前触れもなく現れて
は、なにやら常子たちをかきまわして、良いこと、悪いことをして
去っていく、面白い叔父さんです。

この鉄郎叔父さんの史実のモデルは、大橋鎮子の母方の祖父である
宮原満吉(みやはら まんきち)のようです。

鉄郎のように山っ気のある人で、一攫千金を夢みて、色々なことを
した人です。

②祝いの場を手前勝手にかき乱す鉄郎。聞けば、新潟で米を作っているという。

とうとう農業に行きついたようですね。

新潟といえば、史実モデルの宮原満吉は、新潟で油田を掘り当て、
その資金を持って北海道に渡り、最後は農場でそれなりの成功
を収めています。

大橋鎮子らの女学校の学費を出してくれた人で、鎮子(しずこ)を
とてもかわいがっていたといいます。

その宮原満吉は、わざわざ北海道から鎮子の東京の女学校の卒業式に
出席すると、感極まって大声で泣いていたそうです。

それから間もなく亡くなってしまったのですが、やさしいおじいさん
だったのですね。早くに父親を亡くした鎮子たちを陰から支えた
大恩人でした。

鉄郎は祖父ではなく叔父さんという設定ですから、まだ死んでは
いなかったのです。

Sponsored Link

③かつて小橋家の米を食べ尽くしたおわびだと米を土産に渡す鉄郎に、君子(木村多江)はこちらこそ助けられたとお礼を言う。

そういうこともありましたね。それを忘れず恩返しをするとは
なかなか良いやつです。憎めない人ですね。

君子がこちらこそたすけられたと言いますが、何を助けてくれたのか、
考えてみて思い当たりました。

鉄郎は、常子に、自分で雑誌を作ることを勧めてくれた大恩人
だったのです。

鉄郎の勧めがなければ、「あなたの暮らし」は世に出ていなかった
かも知れません。

それから鉄郎のおかげで、水田と鞠子の出会いもありましたね。
なにかとトラブルを起こす鉄郎ですが、良いこともしてくれたのです。

④農家に休みはないと慌ただしく立ち去る鉄郎に、常子たちは別れを告げる。

なんとか、地に足をつけた仕事についてくれて、常子たちもほっと
したことでしょう。

鉄郎のことは、ずっと心配だったのではないでしょうか。
一族に一人は必ずと言っていいほど、こういう困った人がいますね。

鉄郎は良いこともしてくれるので、まだいい方です。
鉄郎の登場はこれが最後でしょうか。寂しい気もしますね。

◆朝ドラとと姉ちゃん144話の主な出演者など

出演:高畑充希,木村多江,相楽樹,杉咲花,上杉柊平,伊藤淳史,岩崎ひろみ,向井理,唐沢寿明,語り:檀ふみ  原作・脚本:西田征史  音楽:遠藤浩二

❖朝ドラキャストとと姉ちゃん!

朝ドラとと姉ちゃんキャスト!常子に関わる最後の追加出演者8名とは

出演者と登場人物&実在のモデルは>>こちら  

「とと姉ちゃんあらすじ解説」の記事一覧
「とと姉ちゃん関連記事」の記事一覧

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド (http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイドとと姉ちゃん等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回143話赤羽根製品の欠陥****次回145話君子倒れる>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ