朝ドラべっぴんさんあらすじ解説2話10月4日(火)麻田靴屋の言葉

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bcNHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」1週

刺しゅうが上手くなりたいと思うすみれ(渡邉このみ)は、
屋敷に出入りする靴屋の麻田(市村正親)から、
靴も針と糸を使って作られることを知り、
 靴に異常に興味を持ち、父の靴をバラバラ
にしてしまう。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん1週(2)「想(おも)いをこめた
特別な品」 
2016年10月4日(火)放送分のあらすじ解説

⓵入院中の母・はな(菅野美穂)に贈るため、刺しゅうが上手くなり
たいすみれ(渡邉このみ)は、屋敷に出入りする靴屋の麻田(市村
正親)から、靴が針と糸を使って作られていることを知る。

坂東家の人々は、靴は注文して作ってもらうのでしょうか。
この日、すみれの姉・ゆりの靴を作るために、ゆりの足のサイズを
はかりに来た靴屋の麻田に出会うのです。

このとき、麻田から「靴が針と糸を使って作られている」ことを
教えられたすみれは、靴に異常な興味を持ってしまいます。

②作りが気になったすみれは、父・五十八(生瀬勝久)のお気に入
りの靴をバラバラにしてしまう。

エジソンかだれかの子供時代を思い出します。すみれはかなり
変わった子供だったようです。
好奇心や探求心がおおせいなんですね。

Sponsored Link

③さらに靴作りが見たくなったすみれは、靴を修理してもらおうと
麻田の下へ向かう幼なじみの野上潔(大八木凱斗)に頼み、一緒に
街に出かけるのだが…

野上潔はすみれの父・坂東五十八が経営している坂東営業部の取締
役・野上正蔵のひとり息子です。

つまり部下の子供で、すみれの幼なじみなのです。
すみれの兄貴のような存在で、生涯にわたってすみれを支えてくれ
る重要な人物になります。

さて、潔と一緒に街へでかけたすみれは、麻田の靴屋へいきますが・・。

◆朝ドラべっぴんさんの主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,名倉潤,市村正親,中村玉緒,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,渡邉このみ,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童ほか  原作・脚本:渡辺千穂 

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回1話へ***次回3話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ