朝ドラべっぴんさんあらすじ解説7話10月10日(月)ゆりの縁談

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」2週

ヒロイン(芳根京子)の父・五flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc十八
(生瀬勝久)は坂東家を継がせるため、

華族の男性を婿にとるよう長女・ゆり
(蓮佛美沙子)に提案しますが、
ゆりは反発して…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん2週(7)「しあわせの形」
2016年10月10日(月)放送分のあらすじ解説

①ヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の父・五十八(生瀬勝久)は
坂東家を継がせるため、すみれの姉・ゆり(蓮佛美沙子)に華族の
男性を婿にとるよう提案する。

お金持ちになった五十八は、今度は身分の高い婿が欲しかったの
だと思われます。

今の時代は華族と言われてもピンときませんが、デジタル大辞泉の
解説によると、

「華族とは、公・侯・伯・子・男の爵位を有する者。
明治2年(1869)旧公卿・諸侯の身分呼称として定められたが日本
国憲法施行により廃止。」とあります。

ゆりの史実のモデルである佐々木智恵子は、実際に子爵の男性
(三浦義次)と結婚していますが、次女のためか、婿ではなく三浦家
に嫁いて三浦智恵子になっています。

このドラマでは、この史実を取り入れて、華族の男性の婿取りを
ゆりに提案することにしたのでしょう。

②ゆりはその提案を受け入れず、幼なじみの潔(高良健吾)に
相談するが、潔に召集令状が来たことを告げられ、動揺する。

他の人との縁談の相談をしていて、相談相手と仲良くなってしまう
というケースはよくあることですが、ゆりもすみれと同様に、まだ
潔への恋心に自分で気づいていなかったのでしょうか。

召集令状が来たことで気づくのかもしれません。

Sponsored Link

③後日、ゆりは改めて説得しようとする五十八に、「私は
潔さんを愛している。結婚したい」と告白。

NHKドラマガイドでは、潔とその父親の野上正蔵(名倉潤)が仕事
の打ち合わせに坂東家を訪れたとき、この2人と五十八の前でい
きなり告白して、一同を仰天させたことになっています。

潔本人が一番驚いたのではないでしょうか。

五十八は驚いたばかりでなく、激怒して潔に掴みかかろうとします
が、ゆりが、自分が一方的に潔を慕っているだけだと訴えます。

ひとます、潔と正蔵はその場を去ります。

④五十八と潔、そして潔に思いを寄せていたすみれは…

その後も色々問題はあったのですが、ゆりの大胆な行動に心を奪われ
た潔のこともあって、2人の結婚が決まります。

これによって、すみれの淡い初恋は終わりを告げるのです。

◆朝ドラべっぴんさん7話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,
谷村美月,百田夏菜子,土村芳,名倉潤,市村正親
語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回6話へ***次回8話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ