朝ドラキャストべっぴんさん!野上潔のプロフィールと演者高良健吾

NHK連続テレビ小説2016年度後期の「べっぴんさん」kodomofuku_girl.png子供服

今回はヒロイン坂東すみれの幼なじみで、
姉・ゆりの夫になる野上潔(のがみ きよし)
と、その史実のモデル・尾上清(おのうえ きよし)

および、演者:高良健吾(こうら けんご)
について調べました。

スポンサーリンク

◆登場人物・野上清(のがみ きよし)のプロフィール

ヒロインすみれ(芳根京子)の父・坂東五十八(生瀬勝久)が経営する
「坂東営業部」の取締役である野上正蔵(名倉潤)の1人息子。

野上夫妻は子供がなかったので親戚から迎えた養子である。

すみれ姉妹の幼なじみで、兄のような存在だったが、姉の
ゆり(蓮佛美沙子)と結婚する。

父の正蔵が五十八と一緒に築いた「坂東営業部」の再建
のために尽力し、見事に再建に成功する。

また、ゆりと一緒に生涯にわたってすみれを支える。

◆史実のモデル・尾上清(おのうえ きよし)について

❖尾上清の晩年の写真(出典:ウィキペディア)

148px-%e5%b0%be%e4%b8%8a%e6%b8%85%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%82%e6%99%a9%e5%b9%b4%e3%80%82%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%82%e3%83%ac%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%83%b3%e6%9c%ac%e7%a4%be%e3%80%82%e7%90%86%e4%ba%8b

 

 

 

 

 

❖尾上清のプロフィール

尾上 清(おのうえ きよし、1911年5月23日 – 1988年2月9日)は、
日本の実業家。アパレル企業・レナウンの戦後創業者です。

ポイントになる事象を年号で追っていきますね。

1911年、尾上清はレナウンの前身「佐々木営業部」の支配人、
尾上設蔵(おのうえ せつぞう)の長男として大阪市住吉区帝塚山
に生まれた。

帝塚山学院小学部、住吉中学をへて慶應義塾高等部に進む。卒業と
同時に東京佐々木営業部に入社。

※遊び人の尾上清は大学部の入試に失敗して就職したとの噂です。

1938年、尾上清は招集され中国の天津に駐留。
1940年、復員して伊勢丹小菅丹治社長(初代)の長女、喜子と結婚。
達矢、美智子をもうける。

※ドラマではすみれの姉・ゆりと結婚します。フィクションですね。

1941年、2度目の招集で熊本の天草聯隊に入隊。
1944年、3度目の招集で沖縄の部隊に入隊。終戦を宮古島で迎えた。

※3度も招集されるなんてことがあるのでしょうか。
聞いたことがありません。よく無事に復員できましたね。
運も強いのでしょう。

1947年、尾上清は戦争中に「江商」と合併して消滅した「佐々木
営業部」を再建し社長に就任。
1952年、社名をレナウンにして会長になる。
その後、系列会社による多角化経営に成功し
1974年、レナウンの年商は1000億円を超えた。

1975年、尾上清は創業幹部たちと現役を引退し理事長になる。
以後、レナウンの役員会には出席していない。

1988年、尾上理事長は前年の夏ハワイで心臓の手術を受けたが、冬に
病状が悪化し肺炎のため死去。享年76。

この時点でレナウン・グループは、グループ51社、売上合計4000億円、
資本金合計300億円、従業員合計2万2000人に達していたそうです。
(参考:ウィキペディア)

すさまじい人生でしたが、人生を楽しんだ人のようです。
尾上語録というのが残っていて、その語録の1つに

●人生の目的は、金や名誉や地位ではなく、これらの浴を捨てて
一生を楽しく心豊かに送ることである。

というような言葉を残しています。私も常々そう思っていますので
尾上清が大好きになりました。

Sponsored Link

◆演者:高良健吾(こうら けんご)について

❖高良健吾の動画

❖高良健吾のプロフィール

高良 健吾は、日本の俳優。熊本県熊本市出身。テンカラット所属。

生年月日: 1987年11月12日 (28歳)
身長: 176 cm 
血液型:O型
テレビ: 『おひさま』『花燃ゆ』
受賞歴: 日本アカデミー賞 新人俳優賞 ブルーリボン賞主演男優賞 他多数
(出典:ウィキペディアより)

 

❖高良健吾はひきこもりだった?

お父さんが旅行会社勤務の転勤族だったので、九州内で引っ越し
をくり返す生活だったそうです。

そんな生活がいやで、反抗したり、少しだけ引きこもったことが
あるのだとか。

お兄ちゃんのハナビというドラマでは、主人公の太郎も引きこもり
の少年で、自分と似た境遇にあったので、とても共感したそうです。

人生、何が役に立つか分からないものですね。
それを生かすことができたのはラッキーだと思います。

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ