朝ドラべっぴんさんあらすじ解説11話10月14日(金)夫の出征と出産

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

夫の紀夫(永山絢斗)の出征後、すみれ
(芳根京子)は、娘のさくらを出産。

戦時中さくらの栄養不足に悩まされていた
すみれは、看護師の明美(谷村美月)と
再会するのですが…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん2週(11)「しあわせの形」
2016年10月14日(金)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)は、戦地に向かうことになった夫の
紀夫(永山絢斗)に、お腹の子供のことを託される。

このときすみれは妊娠7か月、生まれてくる子供に会えないで
戦地に赴く紀夫の胸中を思うと胸が痛みます。
当時はこういう目にあった人々が大勢いたのですね。

あれほどすみれの妊娠を喜んだ紀夫ですから、子供のことは
心配でしかたがなかったことでしょう。

「僕とすみれの子をしっかり頼みます」と言い残し、紀夫は
坂東家と野上夫妻に見送られて出征します。

②昭和19年6月、無事に女の子を出産したすみれは、
紀夫との約束通り「さくら」と名付けるのだった。

出征する前に紀夫は、子供の名前は、男子だったら五十八に
つけてもらい、女子だったら「さくら」と名付けて欲しいと
頼みました。

なぜなら、結婚前、桜の花びらが舞う中を歩くすみれの姿に
心を奪われたからだというのです。

すてきな話です。坂東家の女性はみな花の名前で統一されて
いるようですね。

亡き母の名前が「はな」ですから。

Sponsored Link

③戦況が厳しくなり、さくらの栄養不足に悩まされていたすみれ
は、ある日近所に住む外国人の友人に出会い、ミルクを分けてもらう。

お金があっても食料を手に入れるのは困難だったようで、坂東家の庭
を菜園にしたのですが、足りず、すみれの乳の出が悪いのです。

そんな時、同じく乳飲み子を持つ近所のイギリス人の友人が、帰国
することになり、粉ミルクが不要になるからとわけてくれるのです。

④その時、庭で開かれていた講習会で看護師の明美(谷村美月)と再会し…

明美は坂東家の女中マツの娘です。幼いとき、潔に連れられて坂東家
の中を探検しにきた子供たちの1人でした。

その時、坂東家のキッチンにあった珍しいお菓子を見ようと手にした
のを、女中頭に見つかりぬすもうとしたと誤解されました。

それを見ていたすみれが、あとでそのお菓子を明美にあげたのです
が、侮辱されたと思った明美はそのお菓子を投げ捨てたのです。
明美は坂東家の女中の娘であることをひがんでいたのでしょうか、
このとき、再会を喜ぶこともなく、すみれを無視するのです。

しかし、将来、明美はすみれが創業するベビー服の会社の重要な
メンバーの1人になるのです。

◆朝ドラべっぴんさん11話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,名倉潤,市村正親,中村玉緒,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,渡邉このみ,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童ほか
語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回10話へ***次回12話へ>>  

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ