朝ドラべっぴんさんあらすじ解説12話10月15日(土)神戸大空襲と終戦

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」2週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

近江にある坂東本家に疎開したすみれ(芳根京子)
とゆり(蓮佛美沙子)は肩身が狭い思いをします。

さらに、神戸の家の様子を見に行った父の五十八
(生瀬勝久)から神戸大空襲を知らされ・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん2週(12)「しあわせの形」
2016年10月15日(土)放送分のあらすじ解説

①戦況が厳しくなり、すみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)
は、近江にある坂東本家に疎開することに。

昭和20年(1945年)、坂東営業部は統制会社に吸収合併される
ことになり、五十八は会社を失うことになったことや、

日本本土への無差別爆撃が激しくなったため、五十八は近江の
坂東本家へ疎開することを決めます。

②祖母のトク子(中村玉緒)とおじの長太郎(本田博太郎)
たちに迎えられるが、長太郎たちの態度は冷たく、つらい時間
を過ごすことになるすみれとゆり。

坂東本家に居候することになったのは、五十八、すみれと娘のさくら
、ゆり、執事の井口忠一郎、女中頭の佐藤喜代の合計6人です。

坂東本家は、家が傾いたとき五十八に得意先をゆずってもらい
なんとか立ち直った恩義があるので、受け入れるのは当然ですが、
6人では結構大変だったでしょうね。

トク子は自分の息子と孫たちですから、喜んで迎えるでしょうが、
長太郎にとっては、恩義はあるものの、五十八のことをねたまし
く思っているようなので、すみれたちにも冷たくなってしまうの
でしょう。

でも、戦争はこの年の8月に終わるのですからもう少しの
しんぼうです。

Sponsored Link

③そんな時、神戸にいた父の五十八(生瀬勝久)から
神戸で大きな空襲があったと聞く。

五十八と執事の忠一郎は神戸の自宅の様子を見に行って来たのです。

ボロボロになって近江に帰ってきた2人から、神戸の実家が焼けて
しまったことを聞きます。

話を聞いただけでは本当の様子は分からないですから、この時は
それほどのショックはなかったことでしょう。

④昭和20年8月、終戦の日を迎えた後、神戸に戻ったすみれが
目にした光景は…

終戦の日を迎えた翌月の9月、すみれはさくらをだいて、神戸の実家
の焼け跡に立ちます。

あたりは一面の焼け野原で、坂東家の屋敷はかろうじて土台が残って
いるという状態です。

半分焼け焦げた母の形見のウェディングドレスを発見したすみれは、
泣きそうになります。

それを着て紀夫との結婚式をあげた思い出のドレスです。
しかしその時、すみれの腕の中でさくらがニコッと笑うのです。

そんなさくらを見たすみれは、思い出の家はなくなっても、自分
には守るべき娘がいることに気付き、気持ちを奮い立たせるのです。

まさに母は強しというところですね。

◆朝ドラべっぴんさん12話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,名倉潤,市村正親,中村玉緒,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,渡邉このみ,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童ほか
語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回11話へ***次回13話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ