朝ドラべっぴんさん20話10月25日(火)あらすじ解説良子と君枝に会う

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」4週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

女学校時代の手芸倶楽部仲間の良子(百田夏菜子)
と君枝(土村芳)に再会したすみれ(芳根京子)は、

君枝の家でミシンをみつけると、
二人を商売に誘いますが…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん4週(20)「四つ葉のクローバー」
2016年10月25日(火)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)は女学校時代の親友・良子(百田夏菜子)
と再会する。

良子とは多田良子のことで、結婚して小澤良子になっていました。

すみれは、近所のお店の女将が、かつて良子が持っていた高級時計
を着けていることに気付き、入手先を聞いて良子の居場所が
わかったのです。

良子もお嬢様でしたから、女学校時代からめったに誰も持って
いないような高級時計を着けていたのでしょうね。

そんなお嬢様も、時計を売らなければならないような境遇に
なってしまったのです。

高級時計なので、身元を記録しておいたのでしょう。

②良子もまた、すみれと同じように幼い赤ん坊を抱えたまま、
夫が戦地から帰るのを待っていた。

時計を売らなければならないくらいですから、困窮している
のはわかります。

それでも、創意工夫をしてセンスの良いベビー服を作って
息子に着せているのに感心するすみれでした。

この時点で、良子と一緒に仕事をしたいと思ったのではない
でしょうか。

Sponsored Link

③二人は手芸倶楽部仲間の一人・君枝(土村芳)の家を訪ねる。

君枝とは田坂君枝のことで、結婚後村田君枝になりました。
女学校時代から身体が弱かったですね。

それでもその病弱を補うかのように、正義感が強く、自分の
思ったことははっきり言える女性です。

すみれの足りないところを補ってくれる良いパートナーに
なっていくことでしょう。

④君枝は家が戦災を免れていたものの、元々病弱だったこともあり、
床に伏せっていた。

君枝の嫁ぎ先の村田家は、屋敷を進駐軍に取り上げられたので
君枝は、義母と息子の健太郎とともに、敷地内にある使用人だった
建物で暮らしていたのでした。

敗戦のショックもあり、精神的に抜け殻になっていた君枝は、すみれ
の仕事を手伝うことで、除々に元気になって行くようです。

長くは生きられないと思っていたようですが、生きがいを見つけた
ことで、元気になることはよくあることです。

君枝はデザインやイラストが得意だったので、その方面で活躍
することになります。

⑤君枝の家に残っていたミシンを見つけたすみれは、思い切って
二人を商売に誘うが……

良子も君枝もお嬢様だったのですから、商売をすることなど、
思ったこともありません。

反応はにぶく、その日は話がすすみませんでした。

◆朝ドラべっぴんさん20話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,宮田圭子,松下優也,いしのようこ 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回19話へ***次回21話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ