朝ドラべっぴんさん29話11月4日(金)あらすじ解説商売の基本とは

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」5週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc
 
姉のゆり(蓮佛美沙子)が闇市の元締め・根本(団
時朗)と談判するのを、すみれ(芳根京子)は、

父の五十八(生瀬勝久)や義兄の潔(高良健吾)と一緒に見守り・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん5週(29)「お父さまの背中」
2016年11月4日(金)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)の姉・ゆり(蓮佛美沙子)は、
闇市の元締め・根本(団時朗)に向かって必死に
自分の意見を訴えるが、鼻であしらわれ傷ついてしまう。

そうでしょうね。
お嬢様だった小娘のゆりが道理を説いても、そんなことはとうに
分かっていて行動しているのですから、鼻であしらわれるのは当然
と思われます。

場所代をもらっていたので根本はお嬢様のお相手はしてくれた
のでしょう。

②父の五十八(生瀬勝久)や夫の潔(高良健吾)はゆりをいたわるが…。

五十八はゆりの社会勉強のためにやらせたのだと思われますから、
結果は分かっていたはずです。

なぐさめの言葉をかけるだけでなく、世間は甘くないことを教えます。

そこですみれがテーブルクロスの布を注文し、店の品物も何とか売れて
再訪してくれるお客もできたことをうれしそうに語ります。

すると五十八はすみれが売る品物の質が良いことを思い出し、本当
に良い物を売って信用を得ること、焦らないことが商売の基本であり
人生の基本でもあると語ります。

商売の天才と言われた五十八の言葉ですから、すみれもゆりも潔も
その言葉を胸に重く受け止め、これからがんばっていくことになります。

Sponsored Link

③一方すみれたちは、良子が突然辞めてしまったことにショック
を受けつつも、依頼を受けたテーブルクロスの制作を進めていく。

テーブルクロスはパーティーの期限がせまっているので急ぐ必要
があるのです。

良子を説得する暇もなく、とにかく残りの3人で、一生懸命徹夜まで
してパッチワークのテーブルクロスをしあげます。

 

④そんなある日、君枝の夫・昭一(平岡祐太)が戦地から帰ってくる。

すみれはうれしくもやはりうらやましく寂しい気持ちになります。
それどころか、君枝もまた、夫に気兼ねして、仕事を辞めると
言い出すのですが。

大丈夫みんな戻ってきます。

◆朝ドラべっぴんさん29話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,土村芳,市村正親,曽我廼家文童,宮田圭子,松下優也 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>> 登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回28話へ***次回30話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ