大河ドラマ真田丸あらすじネタバレ44話「築城」11月6日(日)放送

大坂城の南に出城を造ろうとする幸村(堺雅人)sanada_yukimura.png真田幸村
と又兵衛(哀川翔)は意見が一致します。

5人衆が全員一致して頑張ろうとするのですが
牢人を信用しない豊臣家の態度にいら立ち、
又兵衛と勝永は大坂城を出ると言い出し・・・。

スポンサーリンク

◆真田丸あらすじ解説44話「築城」

①幸村(堺雅人)は、大坂城の最大の弱点となる南側に出城を造る
ことを思いつく。しかし、同じことを考えている男がもう一人いた。

やむなく籠城(ろうじょう)して戦うことを受け入れた幸村は、籠城戦で
勝つ方法を考えます。

大坂城(当時は大阪ではなく大坂城でした)の図面を広げ、熟考
します。

城の西は海に面し(当時は海でした)、北と東は川が流れていて
天然の防塞(さい)になっていますが、南だけは敵をさえぎる物が
ありません。

幸村は、自分が徳川なら間違いなくここに本陣をおくだろうと考え、
ここに出城を築くことを決意します。

早速秀頼(中川大志)の側近・大野治長(今井朋彦)に許可を願う
と、後藤又兵衛も同じことを言ってきたと言われ幸村は驚きます。

ここで意気投合したようですね。これ以後又兵衛は幸村の一番の
理解者となります。

②さて、織田有楽斎(井上順)と大蔵卿局(峯村リエ)は、
牢人衆を決して信じようとしない。

織田有楽斎は織田信長の弟で、千利休に茶道を学んだ茶人。現在の
東京有楽町の名前の元になった人物です。

信長、その次男信雄(のぶかつ)に仕えた後、秀吉のお伽衆となり
その後秀頼の側近となっていました。

大阪冬の陣では秀頼を補佐し徳川との和睦を勧めましたが、夏の陣
では豊臣の陣から離脱し、茶道に専念することになります。

大蔵卿局は茶々の乳母だったことから、ずいぶん幅を効かせていた
ようです。秀頼の側近である大野治長は大蔵卿局の息子です。

つまり茶々と治長は乳兄弟になります。

牢人どもを信用できないのはわかりますね。色々な主君を変えて
渡り歩いた武人たちですから、いつ反旗を翻すかも知れません。

しかし幸村はずっと秀吉に仕え、関ヶ原の直前には徳川秀忠を
上田城で退けた人物ですから信用してもよさそうなものです。

Sponsored Link

③豊臣家の態度に業を煮やした又兵衛(哀川翔)と勝永
(岡本健一)は、大坂城を出ると言い出す。

幸村の籠城案に5人衆全員が賛成し、秀頼も見事な布陣だと感服
したにもかかわらず、またしても、有楽斎や大蔵卿局、さらに
茶々までが異議を唱えるのです。

要所を守るのが牢人の5人衆であり信用できない。ことに幸村
の出城が問題だと言います。

兄の真田信之が徳川方なので、幸村が徳川方に通じていて、
裏切るかもしれないと疑うのです。

それを聞いた5人衆はあきれてしまい、毛利勝永、後藤又兵衛、
長宗我部盛親の3人は、嫌気がさし、豊臣を見限ろうとします。

「早まるな」という幸村に、秀頼の側近・大野治長は、自分の一存
で幸村の決めた布陣でいくことに腹をくくるから、そちらの思う
ようにしていいと言ってくれます。

治長は母親とはちがって幸村を信用していたようです。

それを受けて幸村たちが出城を作り始めると、今度は大蔵卿局
と同じ考えの有楽斎が「すぐに中止せよ」と言ってきます。

その日の夕刻、落胆した又兵衛と勝永が幸村のところに来て、
大坂城を出て行くつもりで幸村を迎えたに来たと言うのです。

幸村は首を横にふって、「豊臣を見捨てるわけにはいかぬ」と
言うと・・・。

④しかし、そのとき秀頼(中川大志)は…。

その時、秀頼が治長兄弟とともに現れます。治長が説明したので
しょう。幸村の布陣に共鳴するものがあり見にきたとのこと。

そういえば、肝心の秀頼が無視されていたようですね。秀頼の考え
はどうなのかわかりませんでした。

秀頼は幸村が「豊臣を見捨てるわけにはいかぬ」と言った言葉を聞
いて、出城を作ることを許し、そなたらを信じていると言って
くれます。

秀頼との信頼関係を築けた幸村たちは命をかけて働こうという意欲
が沸いてきます。

茶々や大蔵卿局の言いなりになっていた秀頼も、ようやく自覚が
できてきたのでしょうか、「この城の主は私だ。牢人たちの力を
借りねばわれらは負ける」と言い切ります。

こうしてようやく幸村の案は認められ、出城が完成します。
この出城こそが、このドラマの題名である「真田丸」なのです。

⑤一方、信之(大泉洋)の命を受けて松(木村佳乃)が大坂に向かっていた。

信之は、息子たちが幸村と戦うことを恐れ、大阪に向かった息子たちに
前線にでることがないようにと指示する手紙を松に持たせるのです。

 

◆真田丸44話の主な出演者など

出演:堺雅人,大泉洋,木村佳乃,吉田羊,藤本隆宏,藤井隆,岡本健一,中川大志,中原丈雄,星野源,哀川翔,竹内結子,遠藤憲一,近藤正臣,内野聖陽, 語り:有働由美子 原作・脚本:三谷幸喜 音楽:服部隆之

「真田丸あらすじ解説」の記事一覧 
「真田丸関連記事」の記事一覧 

★段落①~⑤のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はNHK真田丸等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回43話「味方」******次回45話>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ