朝ドラべっぴんさん32話11月8日(火)あらすじ解説テーブルクロス完成 

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」6週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)と明美(谷村美月)はようやく
完成したテーブルクロスを依頼主に手渡します。

様子を見に来た君枝(土村芳)も感謝されるのです
が、その様子を夫の昭一(平岡祐太)に見られ…。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん6週(32)「笑顔をもう一度」
2016年11月8日(火)放送分のあらすじ解説

①徹夜続きで完成させたテーブルクロスを依頼主の外国人夫妻に
手渡すすみれ(芳根京子)と明美(谷村美月)。

君枝(土村芳)と良子(百田夏菜子)がいなくなり、すみれと明美
だけになってしまったため、徹夜をしなければならなかったのです。

明美が病院を解雇されていて幸運でしたね。
ピンチはチャンスです。

そのかいがあってランディ大佐婦人はとても気にいってくれます。
すみれと明美が婦人に見送られて玄関を出ると、隣に住んでいる
君枝が様子を見にきます。

やはり自分が受けた注文ですから気になるのでしょう。

Sponsored Link

②直接依頼を受けた君枝(土村芳)も礼を伝えられるが、その様子
を夫の昭一(平岡祐太)に見られてしまう。

ランディ大佐婦人は君枝が仕事をやめたことは知りませんから、君枝
のおかげで素敵なテーブルクロスが手に入ったお礼を言い、君枝を
ハグします。

同じ敷地に住んでいるのですから、偶然その様子を君枝の夫が見る
のはありうることですよね。

ひょっとしたら、君枝は夫に見られたいと思っていたのかも
知れません。

③事情を知った昭一は働くことを許すが、復帰した君枝は
張り切りすぎて体調を崩し、倒れてしまう。

やさしいご主人のようです。将来にわたって妻をささえてくれる
存在になるようです。

君枝はやりたかったことがおおっぴらにできるようになって
張り切り過ぎるのです。しょうがないですねえ。

④医者に働くことを止められた君枝は、お見舞いにきた
すみれと明美に改めて仕事を続けられないと告げ…

ドクターストップがかかってはどうにもなりません。
しばらくはお休みです。でも生きがいは必要です。

体調を整えて、今度は無理のないように働くことになります。

 

◆朝ドラべっぴんさん○話の主な出演者など

出演:芳根京子,谷村美月,菅野美穂,百田夏菜子,土村芳,市村正親,平岡祐太,宮田圭子 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>> 登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回31話へ***次回33話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ