朝ドラべっぴんさん43話11月21日(月)あらすじ解説 紀夫は浦島太郎

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」8週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

帰還した紀夫(永山絢斗)は、すみれ(芳根京子)
が店をやっていること、

坂東営業部復活に向けて潔(高良健吾)がすで
に動いていることを知り、受け止めることができず…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん8週(43)「止まったままの時計」
2016年11月21日(月)放送分のあらすじ解説

①戦地から帰還した紀夫(永山絢斗)は、すみれ(芳根京子)
が友人たちと共に子ども服の店を開いていると聞いて驚く。

それはそうでしょうね。自分が留守の間のことは何も知らない、まさ
に浦島太郎状態なのですから。

お嬢様だったすみれが店を開いているなんて、想像もできないこと
だと思われます。

②五十八(生瀬勝久)に坂東営業部の立て直しをしたいと伝
えるが、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)がすでに動い
ていることを知り動揺する。

帰還する前から、帰国したらまず坂東営業部を立て直すのが自分の
婿としての使命だと思っていたのでしょうから、出鼻をくじかれた
感じでしょうね。

なにもかもが理解できないでいる紀夫に、すみれはキアリス開店の
いきさつや、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)が坂東営業部の
土台を築いて紀夫に渡し、紀夫の力になっていくつもりでいること
を語って聞かせます。

自分がいない間に、皆が大変な苦労をしたことは分かったのですが
反面、紀夫は自分だけが取り残されたような戸惑いを感じるのです。

③すみれたちが企画した歓迎会でも、つい友人たちに不遜な
態度をとってしまい、気まずい空気が流れる。

紀夫の生還祝いは、開店前のキアリスで開かれ、会には五十八
(生瀬勝久)、ゆり、潔、忠一郎(曽我廼家文童)、喜代
(宮田圭子)、田中五郎夫妻、キアリスのメンバーとその家族、
麻田(市村正親)、栄輔(松下優也)が出席します。

紀夫は皆の歓迎を感謝しつつも、まだ目の前の光景を頭で理解でき
ないでいます。

そのうち、キアリスのメンバーの夫たちが、妻の仕事ぶりを満足そう
に語っている場面で、自分には理解できないと漏らし、その場をしら
けさせてしまうのです。

※それは紀夫の素直な気持ちだと思われます。当時は夫が妻子を養う
のが当然と思っていたのでしょうから、妻たちが共同でお店を開く
なんて、ありえないことと思ったのではないでしょうか。

④さらに坂東営業部も潔に託すと言って、違う仕事を探し始める。

歓迎会から帰宅後、すみれはキアリスが周囲の人々の支えがあって
成り立っていることを話、理解を求めるのですが、紀夫は簡単に人を
信用するなと忠告をするだけです。

そして坂東営業部も潔に託し、自分は別の仕事を探してすみれたち
を養うつもりだと告げます。

しかし、そう簡単に別の仕事は見つからないようです。

◆朝ドラべっぴんさん43話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,曽我廼家文童,松下優也 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~⑤のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回42話へ***次回44話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ