朝ドラべっぴんさん45話11月23日(水)あらすじ解説紀夫栄輔を殴る

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」8週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

「キアリス」は、初日から大にぎわいです。
それぞれの家族が集まる中、紀夫(永山絢斗)
だけ姿を見せません。

紀夫はすみれたちを家に送ってきた栄輔
(松下優也)に突然つかみかかってしまい…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん8週(45)「止まったままの時計」
2016年11月23日(水)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)たちの店「キアリス」は、初日から大盛況。

ベビー相談室など、もう前から盛況でしたから、いよいよ本格的に
店を開店するとなれば、お得意様は全員というぐらい押しかける
でしょうね。

新たに考えた子供服の型紙が特に売れるようです。
洋服を買うより、ずっと安く作れますからね。

②それぞれの家族もお祝いに集まり、紀夫(永山絢斗)も
一足遅れて店に到着する予定だったが、栄輔(松下優也)
とさくら(河上咲桜)が遊んでいる姿を見て、そっと帰ってしまう。

日中は潔(高良健吾)と栄輔が手伝いに来ていて、閉店後は、
女中頭の佐藤喜代(宮田圭子)と喜代が面倒をみている
キアリスメンバーの子供たち、君枝(土村芳)と良子
(百田夏菜子)の夫たちも店に集まります。

しかし、職探しから帰って店をのぞいた紀夫は、さくらが栄輔を
「お父さん」と呼んで楽しそうに遊んでいるのを見て、愕然とし
店に寄らずに帰宅してしまうのです。

※さすがに、自分の娘が他の男性を「お父さん」と呼んでいるの
を見たら、びっくりして誤解し、腹を立てるでしょうね。

Sponsored Link

③その後、家に送ってきた栄輔(松下優也)にカッと
なってつかみかかってしまう。

紀夫の気持ちはわかるような気がしますね。

極寒の地で厳しい抑留生活を余儀なくされて、命からがら帰国した
のに、浦島太郎になったように、現実が理解できないでいるのです。

そこへ、娘の桜が自分のかわりに栄輔を「お父さん」と呼んでいて
は、腹が立つやら悲しいやら思わず手がでてしまうのです。

④更に紀夫は、家族に五十八(生瀬勝久)らに坂東営業部
を継ぐ気はないと告げ、みんなを混乱させるのだった…。

坂東営業部は潔とゆり(蓮佛美沙子)が頑張って再建しているのです
から、紀夫にとっては出る幕ないと思うのでしょう。

すみれの婿というだけで、跡継ぎになるのはいやでしょうね。

でも後には説得されるのか後を継ぐことになるようです。

◆朝ドラべっぴんさん○話の主な出演者など

出演 芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,曽我廼家文童,宮田圭子,松下優也 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者などはYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回44話へ***次回46話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ