朝ドラべっぴんさん49話11月28日(月)あらすじ解説 大急百貨店

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

キアリスはベビーブームの影響もあって、順調に
成長し新聞の取材がくるほどになります。

紀夫(永山絢斗)と潔(高良健吾)は接待先の
大急百貨店が、意外な店に興味を持っている
ことを知り・・・。

その意外な店がキアリスです。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん9週(49)「チャンス到来!」
2016年11月28日(月)放送分のあらすじ解説

①終戦から3年、すみれ(芳根京子)たちの暮らしも少し
ずつ上向き始めていた。

さて、今週の舞台は、昭和23年(1948年)の夏ごろのことです。

紀夫(永山絢斗)の理解も得られて、キアリスは少しずつ成長を
続けています。

扱うベビー服や子供服の種類も増え、服だけでなく、他の製品
も扱うようになっています。

②ベビーブームの影響もありキアリスは順調に客足を
伸ばし、新聞の取材の申し込みが舞い込む。

新聞が取材を申し込むなんて、ずいぶん話題になったのですね。

そういえば、このころ孫にプレゼントを買いたいと、2年前の
ファッションショーですみれたちが配ったキアリスのショップ
カードを持ってきた女性がいました。

リスと四つ葉のクローバのマークを覚えていて、神戸に来たら
ぜひ訪ねようと思っていたと言うのです。

この婦人は大急百貨店の社長夫人だったのです。

彼女はキアリスの製品がとても気に入って、キアリスが大急百貨店
に出店するきっかけを作ってくれることになるのです。

Sponsored Link

③紀夫(永山絢斗)は坂東営業部の経理として堅実に仕事
を進めており、潔(高良健吾)も近々会社を継いでもらお
うと得意先との顔つなぎを始める。

実は、坂東営業部は五十八の時代に、オライオンという紳士服の
ブランド名で大急百貨店から「大急特選」というお墨付きマーク
をもらっていました。

今は婦人服に方向転換したので、婦人服でオライオンのブランド
に「大急特選」のお墨付きマークを取得しようと、大急百貨店の
社長と接触をはかります。

※オライオンの史実のブランドは、コマーシャルで有名な
「レナウン」です。

レナウンは、イギリスのエドワード・アルバート皇太子が来日
した時に乗ってきた巡洋戦艦の名前で、五十八が気に入って
つけたとされています。

物語のオライオンも、イギリスの戦艦の名前だそうです。

④ある日、大急百貨店の社長・大島(伊武雅刀)を接待し
ていると、彼が意外な店に興味をもっていることを知る。

その意外な店というのが「キアリス」だったのです。
孫へのプレゼントを購入した社長夫人が、キアリスの品が良いので
キアリスを大急百貨店に出店させることを提案したのです。

それが大急百貨店の利益につながることを見越してのことだった
と思います。

※大急百貨店の史実のモデルは、現在も存在する阪急百貨店です。

社長の大島保の史実のモデルは清水雅(しみず まさし)で、阪急電鉄の
大番頭と言われたやり手。
1947年に阪急電鉄から分社独立して阪急百貨店の初代社長となった人物
とのことです。

◆朝ドラべっぴんさん49話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,宮田圭子,松下優也,いしのようこ,伊武雅刀,中島広稀 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回48話へ***次回50話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ