朝ドラべっぴんさん56話12月6日(火)あらすじ解説 出店の準備

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」10週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)たちは、期間限定で百貨店
へのキアリス出店を決めると、友人たちに縫製
や接客の手伝いを頼みながら、目玉商品を考
えます。

スポンサーリンク

しかし仲間の良子(百田夏菜子)が息子のことで…

連続テレビ小説べっぴんさん(56)「商いの聖地へ」
2016年12月6日(火) 放送分のあらすじ解説

①期間限定で百貨店へのキアリス出店を決めたすみれ
(芳根京子)たちは、友人や知り合いに縫製や接客の
手伝いを頼みつつ、百貨店でしか買えない目玉商品を
考えていました。

出店までの期間はあと一か月。
商店街の時子たちは、君江の姑に無理をお願いして、二階を
使わせてもらったり、

販売員の仕事はすみれたちの同級生だった悦子(現在はキャバ
レーで働いている)にお願いしたり、着々と準備がすすんで
いきます。

②そんな中、良子(百田夏菜子)の息子・龍一が、お店
の情報を手書きしたカードをめちゃくちゃにしてしまう…

良子は息子の龍一が保育園に入れてもらえなかったので、子連れ
で出勤していたのです。
そんなある日、龍一がじっとしていられず、店の備品を散らかし
てしまいます。  

まだ小学校に入学前の子供ですから、まして男の子なら、じっと
していられない子は多いです。

それでも、悪いことをしたら、厳しく叱るべきだと思われます。

Sponsored Link

③息子をしっかり叱らない良子を注意する明美(谷村美月)
だったが、良子はその言葉に反発し、店内には気まずい空気が… 。

子育てに悩んでいた良子は、いらいらしていて、つい明美に対して
子供のいない明美には分からないのだと言ってしまうのです。

良子の気持ちもわからないでもないですが、明美は新聞記事のこと
で、自分だけが母親でないことを気にしているのですから、そんな
ことを言ってはまずいでしょう。

◆朝ドラべっぴんさん56話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,宮田圭子,いしのようこ
語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回55話へ***次回57話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ