朝ドラべっぴんさん57話12月7日(水)あらすじ解説 目玉商品増産

flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bcNHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」10週

すみれ(芳根京子)たちは、百貨店での目玉商品
として、かわいいリスの絵を描いたお弁当箱を
作ることにします。

しかし予想よりかなり多くの数量を作らなければ
ならなくなり…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん10週(57)「商いの聖地へ」
2016年12月7日(水)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)たちは、百貨店での目玉商品として
かわいいリスの絵を描いたお弁当箱を作ることを決める。

保育園に通い始めたさくらのために、喜代(宮田圭子)がお弁当箱
が殺風景なのでと、おかずをかわいく盛り付けて工夫しているのを見た
すみれは、かわいいお弁当箱を目玉商品にすることを思いつきます。

それでも喜代(宮田圭子)はさくらがいないと寂しくてたまらないというので
再びさくらを喜代に預けることになります。

どうして事前に喜代に相談しなかったのでしょうね。喜代の負担を減らそう
としたわけなのに。
 

②百貨店担当者も賛成し、お弁当箱のことを広告に載せるが
そこには予想をはるかに超える数量が記載されていた。

またしても、百貨店の担当者がすみれたちに確認しないて
自分たちの常識で広告をだしてしまったのです

「1日30個限定」と広告に書いてしまったので10日分で300個の
弁当箱を用意しなければならなくなったのです。

百貨店が取り扱う分量は、いままでキアリスが扱っていたもの
とは違うということがすみれたちには分かっていないようですね。

Sponsored Link

③素材となるアルマイト製のお弁当箱を必死に買い集める
すみれたちだったが、そんな中、良子(百田夏菜子)が
息子の子育てに悩み店に来なくなってしまう。

またまた良子は店に来なくなってしまうのですね。
ちょっと無責任だと思います。
だからお嬢様の商売だと言われるのです。

勝手に来なくなるなんてしないで、どうするべきか、皆に相談する
べきでしょう。
 

④心配したすみれは、店のメンバーにある提案をする。

すみれは偉いですね。怒らないで、皆で考えるのですから。
それがキアリスの成功の秘訣なんだと思います。

これが男性の上司だったら、「だから女はダメなんだ、やめちまえ」
と言う人が多いのではないでしょうか。

◆朝ドラべっぴんさん57話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,宮田圭子,いしのようこ

語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回56話へ ***次回58話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ