朝ドラべっぴんさん65話12月16日(金)あらすじ解説 すみれ倒れる

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」11週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)はキアリス大急支店の開店
初日を迎えます。

仕事は順調で一安心ですが、夫の紀夫(永山絢斗)
との関係はうまくいきません。

ある日、すみれは過労で倒れてしまい…

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん11週(65)「やるべきこと」
2016年12月16日(金)放送分のあらすじ解説

①キアリス大急支店の開店初日を迎えたすみれ(芳根京子)
たち。店内は大勢のお客さんで賑わい、初日にして予想
以上の売上を達成する。

前回の10日間の期限付き出店でも、予想をはるかに超える売れ行き
で、あわてて追加を生産したのですから、当然といえば当然ですね。

再出発が順調ですから、ある程度安心してすみれも仕事を辞める
決心がつくのかもしれません。

②しかし、前夜の事件の影響で、すみれと紀夫(永山絢斗)
の関係はギクシャクしたまま。

暴力を振るってしまったのは失敗ですねえ。

たとえ妻に非があるとしても、申し訳ない気持ちで、おずおずと
帰宅した妻を、何も言わずいきなりなぐるなんて。

申し訳ない気持ちは吹っ飛んで、反感だけが残ってしまうものです。
私にも一度だけ経験がありますが、その時は離婚しようかと思いました。

でもその後、夫が反省の気配を見せたので、私も悪かったと、謝って
そろそろ金婚式を迎えるまで続いています。

Sponsored Link

③そんなある日、仕事と家事の両立で忙しい日々を送って
いたすみれは、ついに過労で倒れてしまう。

仕事と言っても普通の仕事ではないのですから、その上に家事も
こなすのでは無理というものです。

身体だけでなく精神面も大変な仕事な上に夫婦の間もぎくしゃくして
いては、倒れるのも当然な気がします。

④久々に休みをとったすみれだったが、ある夜、娘のさくら
からある質問を問われ、答えられない自分に衝撃を受ける。

仕事や家事に忙しいあまり、さくらのことには目が届かないのは
しかたないですね。。

さくらのことで知らないことはたくさんあることでしょう。
何を質問されるのでしょうね。

※さくらの質問は、お父さんのどこが好き?お母さんのどこが好き?
だったと思います。夫婦の仲がギクシャクしていたので、答えられな
かったのでしょう。

いつのまにかさくらの足が大きくなっていて靴のサイズが合わなく
なったことに気づかず保育園の先生に指摘されてショックを受ける
ということもあるのですが。

◆朝ドラべっぴんさん65話の主な出演者など

出演:芳根京子,高良健吾,菅野美穂,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,宮田圭子,いしのようこ,中島広稀,滝裕可里 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回64話へ***次回66話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ