朝ドラべっぴんさん70話12月22日(木)あらすじ解説 X’masプレゼント

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」12週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)は夫の紀夫(永山絢斗)と
共に娘のクリスマスプレゼント作りに取り組みます。

一方、キアリスでは売上が多くて、手伝っていた
夫たちが経理処理の量に音をあげ、いよいよ・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん12週(70)「やさしい贈りもの」
2016年12月22日(木)放送分のあらすじ解説

① すみれ(芳根京子)は、夫の紀夫(永山絢斗)ととも
に娘のさくらの友達のためのクリスマスプレゼント作り
に取り組む。

それは紀夫が考えたもので、ブリキの缶にキャンディを詰め込む
という、今ではどこででもあるようなものですが、当時はまだ
斬新なものだったのでしょう。

これもキアリスの目玉商品になるのではないでしょうか。

②久しぶりにゆったりとした時間を過ごすすみれたち
だったが、キアリスではクリスマス商戦用の目玉商品
作りに追われていた。

クリスマス商戦用の目玉商品は前回すみれが提案した刺繍なのか
今回のキャンディ詰めのブリキ缶なのか、ちょっとわかりません
が、キアリスはクリスマスを控えて、商品作りに大忙しです。

なにしろ、出店以来、売れて売れてうれしい悲鳴続きなんですから。

Sponsored Link

③紀夫と勝二(田中要次)、昭一(平岡祐太)ら夫たち
は、キアリスの経理処理を手伝っていたが、仕事の片手間
では手に負えないほどの量に音を上げ、専従の経理担当者
が必要だと訴えるが…

いよいよ紀夫がキアリスの経理を担当することになりそうです。

史実でも、キアリスのモデル会社であるファミリアが会社組織に
なったときの経理を板野惇子の夫である板野通夫が担当しています。

後には社長にもなるのです。

坂東営業部で苦手な営業をやるより、得意の経理を担当できて
紀夫にも良かったことと思われます。もちろんすみれも復帰します。

◆朝ドラべっぴんさん70話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,中村玉緒,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童,宮田圭子,松下優也ほか 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回69話へ***次回71話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ