真田丸最終回!幸村(信繁)の最後もナレ死の可能性大?その理由

NHK大河ドラマ「真田丸」でナレーションを務めたsanada_yukimura.png真田幸村
有働由美子アナウンサーの語りが話題になっています。

というのは、ドラマの登場人物の死の場面を画像
に出さずに、有働由美子アナの淡々とした口調の
ナレーションだけで伝えることが多かったからです。

これを「ナレ死」と言うのだそうです。

抜き出して見ると、織田信長、穴山梅雪、明智光秀
豊臣秀吉、幸村の祖母、前田利家、石田三成
大谷吉継、小早川秀秋、本多忠勝、加藤清正、
真田昌幸の妻・薫、片桐且元 等、そうそうたる
メンバーなのに、最後の場面はなくて、皆ナレーションで
死が語られただけ。

この分だと、主人公の真田幸村もナレ死の可能性が
あると思えてきました。

スポンサーリンク


◆真田幸村の最後が「ナレ死」の可能性が大きい理由

❖ドラマ・ストーリー真田丸の最後は死んでいない

NHK出版の「NHK大河ドラマ・ストーリー 真田丸」では
ドラマの最後の場面は、

幸村が出陣して真田軍が怒涛のごとく突撃すると、徳川軍が
大混乱になる中、

幸村はただひとり
「目指すは家康の首、ただひとつ」と家康を目がけて馬を
駆る場面で終わっています。

これから見ても、最後はやはり死の場面は出さないのでは
ないでしょうか。

❖史実の幸村の最後は、格好よくないから

史実では、予想外のことが次々に起こって、作戦がうまく行きません
でした。

徳川家康の本陣に3度突撃した幸村は家康が自害を口にするほどの
窮地に落とし入れたのですが、

藤堂高虎・井伊直孝があわてて家康の援軍に向かい、幸村を攻めた
ため、幸村は家康の首をあきらめて一旦茶臼山へ撤退します。

しかし、さらに茶臼山を攻められた幸村は多勢に無勢、力尽きて
茶臼山を降り、安居天神で休んでいるところを見つかって、首を
さし出したとされています。

日の本一の武将とたたえられる幸村の最後としてはちょっと
格好よくない場面ですから、私としてもここでこそ
「ナレ死」にしてほしいと思います。

Sponsored Link

◆まとめ

真田幸村(信繁)の最後が「ナレ死」の可能性が大きい理由
と希望でした。

真田丸が終わってしまうのは、なんとも寂しいです。

「真田丸あらすじ解説」の記事一覧 
「真田丸関連記事」の記事一覧 

<<50話「最終回」

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ