朝ドラべっぴんさん72話12月24日土)あらすじ解説 紀夫の宣言

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」12週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)はクリスマスパーティで、夫の
紀夫(永山絢斗)から重大な決断を伝えられます。

聖夜。サンタに扮した麻田(市村正親)の歌声が商店街に
響きわたり・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん12週(72)「やさしい贈りもの」
2016年12月24日(土)放送分のあらすじ解説

①クリスマスの日、すみれ(芳根京子)はさくらと共に
キアリスのクリスマスパーティーに参加する。

すみれはキアリスを辞めたとはいえ、創業者であり、いまだ
にキアリスを手伝っていますし、紀夫も他の夫たちとともに
キアリスの経理を手伝っていますから、当然、キアリスの
クリスマスパートティには招待されるのです。

この日に紀夫はとうとう自分の決意を皆の前で発表するのです。

②賑わう店内だったが、店の外には深刻な表情で話をする
紀夫(永山絢斗)と潔(高良健吾)の姿があった。

紀夫は近江の五十八(生瀬勝久)には自分が坂東営業部をやめて
キアリスを手伝うことは承諾してもらったはずですから、潔も
分かっているはずですが。

まだ潔は心底から納得してはいないのでしょうね。
最後に、本当にそれでいいのか紀夫に確認しているのでしょう。

Sponsored Link

③店内に入った紀夫は、すみれとキアリスメンバーの前で
あることを宣言し、皆を驚かせるのだった。

すみれがキアリスを辞めて驚かせ、今度は紀夫が坂東営業部を辞めて
キアリスを専任で手伝うと宣言して驚かし、他のメンバーはすみれ
一家に驚かされてばかりですね。

それでも文句を言わず、認めてくれる良い仲間なんです。

人生色々ですが、その都度真剣に考えて前に進もうとするすみれ
夫婦の生き方が皆を納得させるのだと思います。

④聖夜。雪が降りしきる中、サンタクロースに扮した麻田
(市村正親)が歌うクリスマスソングが商店街に響きわたる。

靴屋の麻田も、キアリスにはずいぶん振り回されていますね。
今度はキアリス株式会社の社長を頼まれて、人生が変わって
しまいそうです。

靴屋はどうなるのでしょう。跡継ぎがいるのでしょうか。

◆朝ドラべっぴんさん72話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,中村玉緒,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,本田博太郎,山村紅葉,曽我廼家文童,宮田圭子,松下優也ほか 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回71話へ***次回73話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ