朝ドラべっぴんさん75話12月28日(水)あらすじ解説 子供用の食器 

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」13週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)たちが紀夫(永山絢斗)に相談
せずに子供用の食器を大量にに発注したことで

紀夫は激怒し、キアリスの社長の麻田(市村正親)
や義兄の潔(高良健吾)に相談します。

紀夫以外は全員が売れると信じて・・・。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説べっぴんさん13週(75)「いつものように」
2016年12月28日(水)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)たちは、紀夫(永山絢斗)に相談
せずに子供用の食器を大量に発注していた。

いままで子供服やおむつなど、ベビーや子供製品を売ってきた
経験から、きっと売れるに違いないという自信があったので
しょう。

彼女たちの感は素晴らしいです。
今まで一度も失敗したことがないのですから。

良い品や、本当に必要な物を見極める力はすごいと思います。
夫たちには望めない力なのです。

②紀夫以外は全員売れると信じていたが、紀夫だけは
リスクを心配し、キアリスの社長となった靴屋の麻田
(市村正親)や義兄の潔(高良健吾)に相談した結果、
話を進めることを認めるのだった。

紀夫以外は全員売れると信じていたというのはすごいです。
他の夫たちもそうだったのでしょうか。

だとしたら、紀夫だけは先を見る目がないということに
なりますね。

麻田も潔も賛成なのですから、紀夫には商売人としての
才能がないのかも知れません。

営業も苦手ですし。経理の腕は確かなようで、返って
それがあだになっているのかも知れません。

リスクばかり心配して、積極性に欠けるのは商売人には
むかないのではないでしょうか。

Sponsored Link

③完成した食器は販売を開始すると即完売して大成功
をおさめる。

やはりすみれの判断は正しかったのです。
これでは紀夫の面目は丸つぶれですね。

これに懲りて、あまり口出しをしなくなってくれると良いのですが。

④しかし、無邪気に喜べないすみれは紀夫に想(おも)いを訴える。

この成功を元に、会社を今までどおり、自由な雰囲気にしてくれる
ように訴えるのではないでしょうか。

紀夫の言う通りだと、なんだかきゅうくつで、自由な発想やアイデア
が出てこないような気がします。

キアリスの良い所を引き出して欲しいですね。

◆朝ドラべっぴんさん75話の主な出演者など

出演:芳根京子,生瀬勝久,菅野美穂,高良健吾,蓮佛美沙子,谷村美月,百田夏菜子,土村芳,市村正親,永山絢斗,田中要次,平岡祐太,曽我廼家文童,宮田圭子,伊武雅刀 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

◆連続テレビ小説「べっぴんさん」総集編(前編)
2016年12月29日(木)

12月29日(木)は、第1週から第13週、第1話から第75話までの
総集編(前編)が放送されます。

第1週 想いを込めた特別な品
第2週 しあわせの形
第3週 とにかく前に
第4週 四つ葉のクローバー
第5週 お父様の背中
第6週 笑顔をもう一度
第7週 未来
第8週 止ったままの時計
第9週 チャンス到来!
第10週 商いの聖地へ
第11週 やるべきこと
第12週 やさしい贈り物
第13週 いつものように

第14週76話は2017年1月4日(水)から始まります(2016年12月28日掲載)。
来年もよろしくお願いします。

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<前回74話へ***次回76話へ

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ