朝ドラべっぴんさん82話1月11日(水)あらすじ解説 キアリス十周年

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」15週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

昭和34年になり、十周年を迎えたキアリスは、
全国的に知れ渡る企業に成長します。

すみれ(芳根京子)は仕事に追われ、15歳に
なった娘のさくら(井頭愛海)と過ごす時間がなく…。

※この頃、キアリスの商品が皇室御用達になって有名に
なったからのようです。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(82)「さくら」
2017年1月11日(水)放送分のあらすじ解説

①昭和34年。キアリスは十周年を迎え、全国的に知れ渡る企業に
成長。すみれ(芳根京子)は、お客さんの対応に追われ日々忙しく働いていた。

昭和34年には私も15歳でした。さくらと健太郎と同じ年であること
に気づいてびっくりです。

なんとなくべっぴんさんの時代を懐かしく感じるのは、そのせい
だったのですね。

これからのさくらの行動に共感できることも多いのではないかと
期待が膨らみます。

②すみれの娘・さくら(井頭愛海)と君枝(土村芳)の息子・
健太郎(古川雄輝)は15歳になり、高校受験を控えていた。

そうそう、そういう時代がありました。
その頃、私の実家は2軒長屋になっていて、夕食後私が受験勉強を
始めると、となりの息子(大人)がギターを弾き始めるのです。

それが筒抜けに聞こえてきて、神経過敏になっていた私の神経に
さわり、勉強に集中できません。

それほど勉強好きでなかったのでしょうね。

あつかましい私は、隣の息子さんに、受験までのひと月の間、
夕食後にギターを弾かないように頼みました。

案外快く私の願いを聞き入れてくれた息子さんは、夕食前にギター
を弾いてくれ、私が希望の高校に合格してお礼にうかがうと、
ニコニコして「おめでとう」と言ってくれました。

今思うと若いのにいい人だったなあと懐かしいですが、高校入学後、
私たち一家は建築中だった隣町の新居に引っ越したので、それ以来
会うことはありませんでした。

Sponsored Link

③仕事が忙しく、家族でゆっくり過ごす時間が持てないことに寂し
さを抱えるさくら。

このさくらには共感できないですね。さくらは一人っ子だからで
しょう。

私の母も高校の教師をしていて共働きでしたが、私には年の離れた
年子の妹と弟(当時小学生)がいました。

かれらの世話をしたり一緒に遊んだり、親がいなくても寂しくは
なかったですね。

④高校受験当日、試験開始の合図が言い渡されるが、さくらは手を
動かそうとせず…

えーっ、どうしてそんなことができるのでしょう。
回答しなければ不合格になってしまうではありませんか。

神戸には良い私立の高校がたくさんありますから、1つぐらい不合格
になってもお母さんに振り向いて欲しいということでしょうか。

公立高校1つしか受験できなかった私とはえらい違いです。
さくらと共感するのは難しそうですね。

※監督の先生に注意されて、さくらは無事試験を受けましたね。
少し時間が短くなったでしょうが、追い付いたようです。
それだけさくらは優秀だったのです。

◆朝ドラべっぴんさん82話の主な出演者など

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~④のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回81話へ***次回83話へ

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ