朝ドラべっぴんさん84話1月13日(金)あらすじ解説ナイトクラブへ

NHK連続テレビ小説2016年度後期「べっぴんさん」15週flower_clover-png%e5%9b%9b%e8%91%89%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

すみれ(芳根京子)は初めて実施するキアリスの
入社試験で頭がいっぱいで

娘のさくら(井頭愛海)の異変に気が付きません。

さくら(井頭愛海)は、友人の五月(久保田紗友)
に連れられてナイトクラブを訪れます。

スポンサーリンク

◆連続テレビ小説 べっぴんさん(84)「さくら」
2017年1月13日(金)放送分のあらすじ解説

①すみれ(芳根京子)は、初めて実施するキアリスの入社
試験のことで頭がいっぱいになっていた。

キアリスも入社試験をして新しい人材を採用するほど大きい会社
になったのです。

一度採用したら簡単にやめさせることはできませんから、どうし
たら優秀な社員を採用できるか、面接方法など色々考えることで
しょうね。

すみれも紀夫も会社のことで頭がいっぱいで、さくらのことには
あまり注意をしていないようです。

②そんなある日、娘のさくら(井頭愛海)が「具合悪い」と
珍しく学校を休むことに。

めずらしく休むとは、さくらは案外まじめに学校に行っているの
ですね。

私が高校生のときは、しょっちゅうさぼって休んでいましたが。

前回書いたように、生徒だけで映画も喫茶店も行っては
いけないといいながら、学校を休んでも平気な高校でした。

期末試験などの前は、学校を休んで勉強する生徒が多い受験校
でしたので、先生たちは、休む生徒は家で勉強しているのだと
思っていたのです。

いつも無断で休んでいましたが、家に連絡などはなかったです。

Sponsored Link

③学校に欠席連絡を入れた後、すみれと紀夫(永山絢斗)が出
かけると、さくらは家を抜け出し、ジャズ喫茶で働く山本五月
(久保田紗友)と買い物にでかける。

学校に欠席連絡を入れて、両親が出かけるまでは家にいたのです
から、学校を無断で休んだのではないことがわかります。

無断で休むと学校から連絡がくる高校なのでしょうね。

④数日後、さくらは買った服を来てドラマーの二郎(林遣都)
が演奏するナイトクラブを訪れる。

前回、龍一(森永悠希)に連れられて行ったジャズ喫茶
「ヨーソロー」で、さくらはドラマーの河合二郎のファンになって
しまいます。

「ヨーソロー」に通ううち、そこの店員である山本五月と親しくなり、
一緒に二郎の追っかけをするようです。

ナイトクラブとはちょっと心配ですね。大丈夫でしょうか。

◆朝ドラべっぴんさん○話の主な出演者など

出演:芳根京子,谷村美月,菅野美穂,百田夏菜子,土村芳,永山絢斗,宮田圭子,中島広稀,井頭愛海,古川雄輝,林遣都,江波杏子,久保田紗友 語り:菅野美穂 原作・脚本:渡辺千穂

朝ドラキャストべっぴんさん>>登場人物・史実のモデル・演者一覧 

朝ドラべっぴんさん>>あらすじ解説一覧

朝ドラべっぴんさん>>関連記事一覧

★段落①~③のあらすじと出演者はYahooテレビガイド
(http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/)からの引用。
参考書籍はNHKドラマガイド「べっぴんさん」等。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<べっぴんさん前回83話へ***次回85話へ

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ