おんな城主直虎あらすじネタバレ4話女子にこそあれ次郎法師1月29日(日)放送

本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式にjob_japan_amasan-png%e5%b0%bc%e3%81%95%e3%82%93
出家することになり、南渓和尚から「次郎法師」と
いう名を与えられます。

「次郎」とは井伊家の家督を継ぐ男子の幼名で
あり、法師は出家者の証としての名前でした。

「女子(おなご)にこそあれ」とは
女子だけれども という意味でしょうか。

スポンサーリンク

◆おんな城主 直虎(4)「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」

①井伊家の本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家
することになり、「次郎法師」という名を与えられる。

おとわは鶴丸(小林颯)から、「出家してしまうと、亀(藤本哉汰)
と夫婦になれない」と言われ、ハッとします。

自分から出家すると言い出したのですが、さすがまだ子供、そこまで
は考えられなかったようです。

「亀と一緒になれないのでは出家したくない」と、一時はだだをこね
るおとわでした。

でも、おとわの出家は、井伊家の領土安堵との引き換え条件であると
母の千賀(財前直見)に説得され、覚悟を決めます。

※亀之丞が戻ったとき、還俗(げんぞく)して、僧籍を離れ亀之丞
と夫婦になることもできたのですが、次郎法師は、一旦決めたこと
だからと、還俗しなかったとされています。
意志の強い人だったようですね。

②「次郎」とは井伊家の家督を継ぐ男子の幼名であった。

おとわの父・直盛の幼名も次郎でした。
長男なのになぜ次郎なのでしょう。

前回の大河ドラマ「真田丸」でも、長男・信幸が源三郎で次男・信繁
が源次郎でした。

理由は、真田家は長男が早く死ぬことが多いため名前を(長男らし
くない)源三郎にしたということでした。

そのせいか、長男信幸は92歳まで、ずいぶん長生きしましたね。
井伊家にもそのようなことがあって次郎になったのでしょうか。

Sponsored Link

③翌日から兄弟子である昊天(小松和重)と傑山(市原隼人)に
よる厳しい修行が始まる。

出家したのですから当然修行が待っています。

禅の修行は、「一日作さざれば一日食らわず」
(いちじつなさざれば いちじつくらわず)

とされ、
食事、掃除、畑仕事など、寺院を維持するための作業(作務)が
すべて修行とみなされます。

作務をしなければ食事を食べることができないのです。

これを正式に禅寺の規則として定め、作務を修行と位置付けた禅僧が、
8世紀後半から9世紀初頭にかけて生きた百丈懐海(ひゃくじょう・
えかい)禅師です。

修行の厳しさと空腹に耐えかねて、おとわは初日から家に戻ってしま
います。

しかし、母親の千賀に「井伊を潰す気ですか!」と叱られ、とぼとぼ
と寺に戻ったおとわは、もう寺以外に自分が戻るところはないと覚悟
を決めるのでした。

④一方、今川の目付となった小野政直(吹越満)は井伊家中に
おける発言権をますます高めていた。

小野政直は、亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)の謀反の企てを今川
に知らせたほうびとして今川の目付となり、「直満の所領を政直の
治領とする」という下知が今川義元から下されたと直盛らに告げます。

小野政直は井伊家の筆頭家老なのに、どうして井伊家に都合の悪く
なるようなことをするのでしょう。

初めから今川家の回し者のような感じですね。

⑤そんなある日、政直の命を狙う北条の手の者が井伊谷にやってくる。

井伊直満が北条への手紙を託した北条の密使が、手紙を奪われて殺
された事件がありましたね。

その息子が、小野政直を父親の仇と狙って井伊谷に来るのです。

この若者が小野政直を襲いますが、井伊家の主である井伊直盛は
小野政直が討たれては、今川が黙っていないだろうと、井伊家を
守るために、政直を助けます。

この若侍は、「なぜそこまでしてこの卑怯者をかばうのか。武勇で
聞こえた井伊も地に落ちたものじゃ」と捨て台詞を残して去ります。

小野政直は、北条家の者にまで卑怯者と思われたのですね。

◆おんな城主直虎第4回の主な出演者など

出演者:柴咲コウ,杉本哲太,新井美羽,財前直見,吹越満,苅谷俊介,でんでん,筧利夫,市原隼人,小松和重,梅沢昌代,蔵本康文,藤本哉汰,小林颯,前田吟,小林薫 語り:中村梅雀 原作・脚本:森下佳子 音楽:菅野よう子

NHK大河ドラマおんな城主直虎キャスト>>登場人物と出演者一覧

NHK大河ドラマおんな城主直虎>>あらすじ解説

★段落①~⑤のあらすじはYahooテレビ番組
http://tv.yahoo.co.jp/listings/realtime/
からの引用、参考書籍はおんな城主直虎ガイドブック等です。
あらすじ解説を最後までお読みいただきありがとうございました。

<<おんな城主直虎前回3話へ*****次回5話へ>>

◆あなたにオススメ

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ